トップページ > 応用編 > テクスチャの使い方?図形をルアーの形に編集する

テクスチャの使い方?図形をルアーの形に編集する

パターンライブラリーでは、転写シールに印刷してルアーに貼れるパターンのテクスチャデータを配布しています。
このデータを使い、自作ハンドメイドルアーの形に合わせた転写シールを作ってみましょう。
ここでは、表計算ソフトのExcel(またはWord、PowerPoint)を使う方法を解説します。

エクセルではイラストも描ける

お使いのパソコンには、画像を編集できるソフトは入っていますでしょうか?
私はイラストレーターなどの専用ソフトは持っていないので、主にマイクロソフト「Excel(エクセル)」を使用しています。
ご存知でしたか? エクセルってイラストを描くこともできるんです。
エクセルで描いた転写シールのデータ

エクセルで描いた転写シールのデータ

図形作成機能の「オートシェイプ」を使う

Excelを立ち上げたら、上部メニューの「挿入」から「図形」を選択します。
たくさんの図形が現れたら、「基本図形」の中の「◇(ひし形)」を選んでクリックします。
表の好きな場所をクリックすると、ひし形の図形が挿入されます。
「挿入」から「図形」を選ぶ

「挿入」から「図形」を選ぶ

「基本図形」の中の「◇(ひし形)」をクリック

「基本図形」の中の「◇(ひし形)」をクリック

表の任意の場所をクリックし図形を挿入

表の任意の場所をクリックし図形を挿入

スポンサーリンク

「頂点編集」で好きな形に変形する

このままではただのひし形なので、ルアーの形に変えていきます。
挿入したひし形の上で右クリックし、「頂点の編集」を選びます。
図形の角に黒い点が現れるので、これをマウスカーソルでドラッグ(押したままマウスを動かす)すると、頂点を好きな場所に移動することができます。
頂点から線でつながっている白い四角をドラッグすると、図形の辺の形を変えることができます。
図形の上で右クリックし「頂点の編集」を選ぶ

図形の上で右クリックし「頂点の編集」を選ぶ

頂点をドラッグし好きな場所へ移動

頂点をドラッグし好きな場所へ移動

白い四角をドラッグし辺の形を変える

白い四角をドラッグし辺の形を変える

任意の形に変形する

頂点と辺の形を変え、図形をルアーの形に編集します。
あらかじめ、ルアーの写真を読み込むなどしておけば、輪郭に合わせて正確な形を作れると思います。
※画像の読み込みは、「挿入」→「画像」からパソコン内のファイルを読み込みます。
図形をルアーの形に成形します

図形をルアーの形に成形します

次の章では、描いた図形にパターンを敷きつめていきます。

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク