トップページ > ベイト研究 > 雑魚釣りに行こう

雑魚釣りに行こう

こっちにハマってしまうほど楽しかったり…

自分の釣りのホームグラウンドにどんなベイトフィッシュが棲んでいるのか、考えたことはあるでしょうか。

ターゲットの魚が普段食べているものを知れば、ルアーのチョイスやアクションの付け方も変わってくるはず。

ルアーを自作する際にも、モデルにするのは自分が狙いたいターゲットの普段の獲物です。
ベイトフィッシュと直接触れ合うことで、ルアーメイキングをより深められるのではないでしょうか。

餌釣り師に釣れたものを見せてもらうのもいいですが、手っ取り早く自分で釣って確かめてみましょう。
雑魚と言えど釣りは釣りなので、こっちが目的になってしまうくらい楽しめますよ。

普段行っているフィールドには、どんなベイトフィッシュがいるのか具体的に把握していますか?

普段行っているフィールドには、どんなベイトフィッシュがいるのか具体的に把握していますか?

簡単な道具でOK

雑魚を釣るのに難しい道具はいりません。
釣具屋で1,500円も出せば買えるような竿でOKです。

ただし、相手が小さいので、ハリもウキも出来る限り小さいものを使いましょう。
タナゴ用の仕掛けを使えば、たいていの魚は釣れます。

エサはアカムシなどの生き餌がベストですが、苦手な方は練り餌でも大丈夫です。

淡水での釣りを前提に紹介しましたが、もちろん海でも同じです。
餌をオキアミなどに変えれば、同じ仕掛けでトライできます。

モツゴ(クチボソ)が釣れました

モツゴ(クチボソ)が釣れました

仕掛け

【竿】
渓流竿1.8m?2.7m
【ミチイト】
0.6号-0.8号
【ハリス】
0.3号-0.5号
【ハリ】
タナゴ鉤、袖1号など小さいもの
【ウキ】
小さめの玉ウキ、トウガラシウキなど
【オモリ】
カミツブシ、板オモリなど

雑魚釣りの仕掛け

雑魚釣りの仕掛け

スポンサーリンク

スポンサーリンク