ハワイの色々(言葉、通貨、魚など)

ハワイ旅行での色々を書き留めておきます。

ハワイ出雲大社の狛犬

言葉

ハワイでは、英語がほとんどしゃべれなくても、あまり困ることはありません。
店に入り「Do you have a table?(席空いてますか?)」と頑張って尋ねてみましたが、「ニジュップンマチ(二十分待ち)」と日本語で返してきました。

もちろん、全員が日本語を理解しているわけではなく、必要な会話のみを覚えているだけだと思いますが、それだけでも安心感がありました。
中学生レベルの英語力があれば、まず問題ありません。
ですが、どうせなら英語をしゃべれるようになって、もっとコミュニケーションをとりたい!と心から思いました。

日本でも外国人を見かけたら「自分が日本人代表」という意識で親切に接したいものです。

通貨

米国であるハワイの通貨はもちろん米ドル。
ですが、初めて海外に行く私は、セントコインにとまどいました。

まず、どのコインにも額面が数字で書かれていないため、よくわかりません。

写真の左奥から、1セント、5セント、10セント、25セント。
ドルコイン
基本的なドル硬貨はこの4種類です。

紛らわしいのが、金額の大きい10セント硬貨が1セント硬貨とほぼ同じ大きさになっています。
こっちが5セントだっけ?と混乱します。

そして、慣れないと5セントと25セントの区別がつかない・・・。
店のレジで見当違いの金額を出してしまったりします。
(「No,No!」と言って店員さんに訂正されます)

よく見ると、10セントと25セントには外周にギザギザが付いており、「金額の大きい2つはギザ銭」と覚えればいいみたいですね。

ちなみに、ドルコインにはそれぞれニックネームがついており、
1セント=ペニー
5セント=ニッケル
10セント=ダイム
25セント=クオーター
と呼ばれているそうです。
コインの面には、小さくこのニックネームが彫られています。

人はとにかく親切。
観光地だからということもあるのでしょうが、信号の無い横断歩道では必ず歩行者優先で、車は一時停止して通してくれます。
アメリカは車社会で運転が荒いというイメージがあったので、これは意外でした。

店員さんも、英語が聞き取りやすいようにゆっくりとしゃべってくれました。

水辺を見かけると覗き込んで魚を探してしまうのは釣り人の習性(笑)

アラモアナパークの池には、シクリッドのようなタイ型の魚が群れており、地元の親子が釣り上げようと頑張っていました。
アラモアナパークの池の魚

アラモアナショッピングセンターの中にある池には、錦鯉が放されています。
アラモアナショッピングセンターの錦鯉

花火を見に行ったヨットハーバーで港を覗き込んでみたら、50センチくらいのフグが数匹、ヨットの下からゆらゆらと寄ってきました。
餌付けされているのかもしれませんね。
暗くて写真が撮れなかったので、昼間にも行ってみましたが、探しても見つかりませんでした。
ヨットハーバー

おまけ。
そのヨットハーバー近くの運河で見つけました。
釣りをする少年の絵
釣りをする少年の絵

リアルに描かれているので、本当に釣り人がいるのかと思ってしまいました。
写真ではわかりにくいですが、本物の釣り糸が水面までつながっていて、かなり手の込んだ作品となっています。

ホノルルの街

ホノルルの街は工事ラッシュのようで、巨大なクレーンがたくさん立ち並んでいました。
ホノルルの巨大なクレーン

ハワイの釣り(現地の釣り人とルアーと釣り雑誌について)

ハワイでは釣りができませんでしたが、ホテル近くのアラモアナパークでは、ビーチ先端の岩場に釣り人の姿を見ることができました。
アラモアナパークで竿を出す釣り人たち

こちらの人は、ビーチ側でソフトルアーのようなものをキャストしていました。
ビーチで釣りをする人

何が釣れるのか聞きたかったのですが、英語が得意ではなく、話しかける勇気が出なかったのが悔やまれます・・・。
ただ、しばらく眺めていると、エサ釣りをしていた子どもが何か(おそらくフエダイの仲間)を釣り上げていました。

ハワイでは釣具専門店を探すことはできませんでしたが、現地のドン・キホーテとウォルマートで釣具を扱っていました。
どちらも一通りの釣具を扱っていましたが、ルアー関係はドン・キホーテではソフトルアーとスプーンのみ。

ウォルマートでは、ラパラ、ヨーヅリ、Matzuo Americaの3メーカーのプラグを見つけることができました。
日本で見たことのないMatzuo Americaの「Kinchou Minnow」というミノーを購入。(Kinchou? 緊張?)
約5ドルと比較的リーズナブルなお値段でした。
kinchou minnow

サイズは約7.5センチ。
サイズ

「これでもか」というほど、エラ彫りの深い独特のデザインをしております。
リップはシャベルのような形をしています。
エラ彫りの深いデザイン

こうして見ると結構かっこよくて、デザインは気に入りました。
デザイン
果たしてどんな動きをするのか。
近いうちに使ってみたいと思います。

大き目のルアーばかりがあるのかと思いきや、5センチ~10センチ程度のミノーやポッパーを中心にラインナップされていました。

空港にある書店では、釣り雑誌も買ってみました。
釣り雑誌LAWAIA
「LAWAI’A」は、ハワイ語で「釣り」「漁師」という意味だそうです。

表紙は、現地語でMOI(モイ)と呼ばれるナンヨウアゴナシというツバメコノシロの仲間。ルアーで釣れるようです。

地元の釣りトーナメントの話題や、読者からの投稿写真、ホノルルにある「マグロブラザーズ」という飲食店の取材記事などが掲載されています。
釣りのノウハウというよりは、「どんなプロセスで何が釣れましたよ」という取り上げ方が多いようです。
ハワイの釣り雑誌
広告は少なく、あってもシーフードレストランやフィッシングツアーのものばかり。
メーカー広告が中心の日本の釣り雑誌とは、かなり雰囲気が違います。

現地の釣具や釣り雑誌を見る限りでは、ハワイでは「どんな道具で釣るか」にはあまりこだわっていない印象を受けました。
ルアー釣り師が少なく、使われているルアーの種類も限られていそうなので、ハンドメイドルアーなんて持って行ったら結構釣れるんじゃないでしょうか。
これからハワイに行かれる方は、自作ルアーを持参して使ってみてはいかがですか?
釣果が出たら、ぜひ写真など送ってください!

ハワイの鳥たち

久しぶりの更新です。
4泊6日でハワイのオアフ島に行ってきました。

ルアーメイキングに関する何かが見つかればいいと思ったのですが、ツアーのスケジュールが詰まっていて釣りもできませんでした。
それでも、せっかくなのでハワイについての色々を書き残しておこうと思います。

アラモアナパークの夕陽

テーマ別に何回かに分けて紹介します。

さて、ハワイについてまず思ったのが、「鳥が多い」ということ。
空港、公園、街中、建物の中まで、どこにでもいます。

中でも多かったのがこの鳥。
Dove
Zebra Dove(チョウショウバト)という鳩の仲間です。

日本で見かけるドバトよりも小さく、ヒヨドリ位の大きさしかありません。
見かけた鳥の中では一番度胸があり、満員のレストランのテーブルの下を歩き回り、パンくずなどをついばんでいました。

普通サイズの鳩も多く見かけました。
ハワイの鳩
こちらも人を恐れず、「DFS Tギャラリア」の前では、植え込みで日向ぼっこをしている姿が見られました。

こちらはスズメの仲間。
ハワイのスズメ
日本のスズメとよく似ていますが、頭のてっぺんがグレーで、ほっぺたのホクロがありません。
ダイヤモンドヘッド近くの「マーケット&グリル」では、軒先に集団でとまり、人が食べ物を落とすのを待ち構えていました。
待ち構えるスズメ
臆病な性格で、手の届く範囲には絶対に近寄らず、お客さんが食べ終わって立ち去ると一斉に舞い降りてきます。

他にも多くの鳥を見かけました。

くちばしと足が黄色いムクドリの仲間、Myna(インドハッカ)
インドハッカ

バナナやパイナップルでおなじみの「Dole PLANTATION」では、野生化したニワトリが多数見られました。
Dole
我が物顔で歩いている割に、近づくと猛スピードで逃げてしまいます。
ハワイのニワトリ

写真は取れませんでしたが、鮮やかな赤い頭のBrazilian Cardinal(コウカンチョウの仲間)も見ることができました。
写真はダイヤモンドヘッドにあった案内板です。
ブラジリアンカーディナル

現地のガイドさんによれば、ハワイにはカラスやタカなどの猛禽類がいないため、小鳥たちが安心して過ごせる環境があるとのことです。
そういえば、猫も見かけませんでした。

どこへ行っても鳥を見ることができるので、鳥好きの方にとってもハワイは楽しめる場所だと思います。
現地のコンビニ「ABC Stores」では鳥の図鑑が手に入りますので、それを片手に観光するのもいいかもしれませんね。