パターンの使い方を詳しく載せました

パターンライブラリーに掲載しているパターンファイルの使い方を詳しく解説したページを作成しました。
テクスチャの使い方1—図形をルアーの形に編集する
テクスチャの使い方2—模様を敷きつめる

パターンライブラリーのファイルを活用する
イラストレーターなどの描画ソフトが無くても、表計算ソフトのExcel(エクセル)の図形機能で描いたルアーのイラストにパターンファイルを読み込んで、ルアーの大きさや形にぴったりの転写シール用データを作れます。

エクセルだけでなく、ワードやパワーポイントでも同じやり方で作れます。
使い慣れたソフトで挑戦してみてください。

自作ルアーの形にぴったりの転写シールが作れます。
転写シールにプリントしたパターン

ルアーに貼りつけてコーティングすれば、この通り。
転写シールを貼りつけたルアー

パソコンソフトを使い慣れていない方には少しわかりづらいかもしれません。
ご不明な点はコメント欄に記入していただければ、随時ページをアップデートしますので、お気軽にお問い合わせください!

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/11 20:40時点)

ついに粘土ミノー完成です!

先週水曜日から作り始め1週間。
ついに軽量粘土製のミノーが完成しました!
目玉を取り付けて最終コーティングし、リップの取り付けまで行いました。

粘土ミノー完成

当初6個あったのが、ウエイトバランスの不具合で2個がボツになり、
生き残った4つは無事に仕上げまで持ってくることができました。

まずはベージュの水玉模様。
ベージュの水玉模様ミノー
ウロコを水玉模様で表現してみました。
ベースカラーをベージュにしたことで、デフォルメしつつナチュラルな仕上がりになったのではと思います。

ウロコ模様。
ウロコ模様のミノー
ボラなどの小魚をイメージしました。
背中のウロコ模様ですが、前後が逆になっていることに貼ってから気づきました…。
これはこれでいいか…?

黄色い粘土で作ったボディは、ナチュラルなウロコ模様とアルミを貼って中和してみました。
黄色いボディのミノー
これが何気に一番のお気に入り。

黒いボディは、目玉のみでボディには何も貼りませんでした。
clay-minnow-black
黒い軽量粘土は乾燥すると変色するので、しっかりサンディングしないと、このルアーのように色むらが出てしまいます。

黒以外のボディには、腹側にサイトのURLを名入れしました。
clay-minnow-name002
背中の模様と同じく、転写シールに文字を印刷し、貼りつけています。
こうするだけで雰囲気が出ますね。

ということで、ひとまず完成したルアーのお披露目でした。
スイムテストは、また改めてご紹介できればと思います。

今回のルアーの制作工程は、改めてまとめて紹介しますので、しばらくお待ちくださいませ。

なお、今回使った模様のテクスチャは、パターンライブラリーに追加してあります。

タトゥーシール(転写シール)で自作ルアーに模様を付けてみた

ルアーの塗装って、綺麗に仕上げるにはスプレーやエアブラシでやるしかなく、
集合住宅に住んでいるとなかなか難しいと思っていたのですが、
家電ショップでいいものを見つけました。
IMG_1774.JPG
タトゥーシールと呼ばれる転写シールです。
サッカーの応援の時に顔に貼るアレです。
プリンターで刷った模様を立体物に転写できます。
試しに、エクセルで描いた模様をプリントし、試作中の粘土ルアーに貼り付けてみました。
IMG_1780.JPG
こんな感じになります。
思ったよりもだいぶ綺麗に転写できました。
IMG_1781.JPG
ただ、この後、背中にも模様を貼り付けようとして失敗し、汚くなってしまいました…。
まだまだ研究しなければいけませんが、家でエアブラシを使えない人にはお勧めの方法です。
セルロースセメントでコーティングしても色流れしません。
素晴らしい!
詳しいやり方は、いずれルアーメイキングのススメにまとめます。
(と言いつつ、なかなかアップできていなくてすみません。近々必ずやります)
転写用のテクスチャも公開できたらと思っていますのでお楽しみに。