紙素材のルアーを製作(工房スロータイムご提供)

ハンドメイドルアー販売サイトで販売している「ペレットタイム」製作者の工房スロータイムさんから、ルアーメイキングに関する記事をご提供いただきました。

※  ※  ※  ※  ※

販売中のルアーに関するテーマではないのですが、実は、ひょっとして、新素材かも思ったルアーを製作しました。
自分は見聞きしたことはないのですが、「紙素材」のルアーです。
(*紙粘土素材でなく、紙素材です。)

使ったのは、小さい子供がよく舐めている棒付きキャンディの紙棒の部分です。
(*プラスチック棒のキャンディが多いようですが、紙棒の方がベターです。不二家さんのは、紙棒でした。)

しっかりと釣果も上がっておりまして、先日、川場FPさんで10分ほど使ってみたところ、サイズこそ小さめでしたが、トラウトを6匹もキャッチしました。

では、簡単に製作手順を説明しますね。
1.紙棒をよく洗って乾燥させます。
2.次に使いたい長さにカットします。今回、作成したのは1本を、およそ32ミリと45ミリの2本にカットしました。
3.2のカットしたのを、半分の厚さになるように、カットします。
  素材が細く柔らかいため、切り難いのですが、リュターにミニノコギリのアタッチメントを装着して、それでカットしました。
4.中に入れるフレームをステン針金で作成します。フレームのみで、ノーウエイトです。
5.まん中にフレームを仕込み、両面テープを小さくカットしてくっつけます。
  うまく、できなかったのは、細い木綿糸で縛りました。
6.5.のブランクをセルロースセメントで6、7回ほど、どぶ漬け、乾燥を繰り返して、完成です。

とても、よく釣れるルアーなのですが、元ネタとなるリセントさんの「Xスティッィクルアー」を真似て製作したものなので、当然ながら、販売はできません。

御興味のある方は、当ブログ「木粉粘土で製作したハンドメイドルアーで釣る」にも、製作手順や釣行の際の記事を載せてますので、よろしかったら、御覧になってみて下さい。
ブログ中のジャンル「スティックルアー」で検索できます。
木粉粘土で製作したハンドメイドルアーで釣る

※  ※  ※  ※  ※

いかがでしたでしょうか。
工房スロータイムさんは、とてもチャレンジングなルアーメイキングをされていて、ブログでその様子をレポートしています。
他にも参考になる記事がたくさん掲載されているので、ぜひブログをのぞいてみてください。

ウエイトは後付け

軽量粘土のクランクベイト「Cowry」のプロトタイプを作成中.

型抜きしたボディが乾いたのでウエイトを埋め込みました。
ルアーのお腹の部分にポンチで穴を開けます。
Cowry-slim-150625-001
今回はプロトタイプなので、0.5ミリ刻みくらいずつ位置をずらしてみました。
ウエイトは、とりあえず手元にあったカミツブシをペンチで丸く成形したもの。

ボディにカミツブシを埋め込んで、粘土で穴をふさぎます。
Cowry-slim-150625-002
試作なので、後でウエイト位置がわかりやすいように、絵の具で赤く染めた粘土でふたをしました。

もう一日乾かします。
Cowry-slim-150625-003
この次はコーティングをして、浮き姿勢のチェックです。

新型粘土クランクのボディ成形を開始

粘土クランク、新型Cowryのプロトタイプ作成中です。
プロトタイプのボディを乾燥中
おゆまる型を作り、とりあえず1ダース(12個)作りました。
ピンク色をしているのは、この色の粘土しか手元に無かったからです。

今回の型は、ボディの合わせ目がずれにくいように、箱型にしてみました。
おゆまる型
型取りしたボディを取り出しにくいですが、今のところうまくできています。

粘土クランク「Cowry」を小型&スリム化

ウエイトバランスやリップの形状にとことんこだわるルアーメイキングラボ。
第一弾として、軽量粘土製のエリアクランク「Cowry」を小型&スリム化したルアーの製作に取り掛かりました。

まずはアガチス材を削り、おゆまる型を作るための原型を作成。

もとのCowry(左)は全長3センチでしたが、新Cowryでは2.5センチに縮小。
Cowryを小型化

幅も約1.5センチだったものを1センチにスリム化しました。
また、丸みを帯びていた背中に面を作り、転写シールによるカラーリングが映えるようにしました。
スリム化したCowry

この原型をもとにおゆまるで型を作り、粘土製のボディを量産します。
ウエイトの位置や重さ、リップの形状などを変えたプロトタイプを作り、それぞれの泳ぎの違いを検証します。

ルアーメイキング入門の次のステップ

ルアーメイキングのススメでは、「いかに簡単で安価にルアーを作るか」に焦点を当てて試行錯誤しております。

ですが、そろそろ基本的な作り方の紹介も一段落してきましたので、自分なりのこだわりを追求してみたいと思い始めました。
どうせハンドメイドするのなら、どのメーカーも出していないものを作りたいですし。

ボーダーヘイズで色々なハンドメイドルアーを預かっていて感じたのは、「ここは譲れない!」という部分が一点でもあると強いということ。

ほっとけメソッドで釣るために、見た目のリアルさとユルいアクションを追求したC-moon。

C-moon

MOMONGAさんのC-moon

潜る時にカップに水を受け、アクションとフラッシング+音と泡で誘うABONI Miracle popper。

ABONI Miracle popper

KEN ABONIさんのABONI Miracle popper

エリアトラウトを釣る「漁具」として、色と質感だけでなく沈下速度にまでこだわったペレットタイム。

ペレットタイム

工房 スロータイムさんのペレットタイム

どれも、ビルダーさんそれぞれが設定したコンセプトが、はっきりとルアーに反映されています。

一方で、私の作るルアーはどうか。
正直なところ、アクションに関しては「動けばいいや」くらいにしか考えておらず、細かいチューニングは行っていません。

こだわっていることと言えば、カラーリングですかね。
引っ越しをして以来、エアブラシのような噴霧式の塗料が使えないので、転写シールを使ってカラーリングを行っています。
シールの性質上、貼るルアーの形に制約はありますが、模様のデザインは自由度が高いことがアドバンテージになります。

ということで、
今後はこの転写シールによるカラーリングを極めて、根掛かりしたら泣いて悲しむくらいの愛着の湧くデザインのルアーを作っていきたいと思います。
粘土ルアーのCowryをベースに、もう少しシールが貼りやすいようにフォルムを研究してみます。

粘土クランクCowry

粘土クランクCowry

他のビルダーさんたちを見習って、自分なりのコンセプトをしっかりと体現したルアーを作ってみたいですね。

もちろん、当サイトのコンセプトは、ずっと変わらず「手軽に始められるハンドメイドルアー」。
でも、入門の次のステップとして、自分なりのこだわりについても今後は追求してみます。
「ルアーメイキングラボ」というメニューをこのブログに追加しましたので、ここで研究の経過を書いていきますね。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/16 22:30時点)