スイーツ系ルアー作り(準備編)

以前から挑戦しようと思っていたスイーツ系ルアーを作ろうと、材料と参考書を買ってまいりました。

参考にするのはコチラ。
「100円グッズでスイーツデコ2」です。
sweets-lure-160130-001

軽量粘土、エポキシ接着剤、エポキシパテ。
すべて100円ショップのダイソーで手に入れました。
sweets-lure-160130-002

さて、ルアーを作る前に、本に載っている通りに作って練習。
sweets-lure-160130-003

軽量粘土を成形し、絵の具と木工用ボンドとニスを混ぜて作ったチョコソースを塗ったら、フェイクチョコレートの完成です。
sweets-lure-160130-004

これをどのようにルアーメイキングに応用するか、、、考え中です。

100円グッズでスイーツデコ2 (別冊すてきな奥さん)

今更ですが、ラパラ解体新書を読んでみた

「ラパラ解体新書(バイブル)」を読みました。
ラパラ解体新書
1999年発行なので、16年も前の本なんですね。
当時、釣り雑誌に広告が出ていたのを覚えています。

内容は、ラパラシリーズの各ルアーの特徴と使い方の紹介、ルアーの内部構造の解説、創業者ラウリ・ラパラの生涯などで構成されています。
そのタイトルにある「解体」から想起されるように、ラパラの断面図が掲載されており、これは一見の価値ありです。

多くのバルサミノーは、2枚のバルサ材を貼り合わせて1個のボディを形成しています(当サイトの作り方ページにあるような)が、ラパラは1個の木片からボディを削り出し、腹側に溝を彫ってフレームやウエイトを組み込んでいるようです。
(※本書の発行当時)
バルサの特性を生かすための製法だそうです。
確かに、木材はばらつきの大きいマテリアルなので、このラパラの製法がルアーを作るのに一番安定しているかもしれません。

(というか、ラパラFってノーウエイトなんですね・・・)

本書にも記載されていましたが、ラパラのポリシーは製品一つ一つをスイムテストすること。
リップを削ったり、アイを曲げたり、それぞれにチューニングを施して出荷しているそうです。

手元にあったラパラCD7を確認してみると・・・、
リップをチューニングされたラパラCD7
ありました。リップを削った跡が。
(リップのくぼみの右端部分)

このチューニングの事実を知らなかったときは、「リップが欠けてる!」と初期不良を疑っていました・・・。
ラパラの製品にかける愛情の表れだったんですね。
ただ製品を売るのではなく「製品から得られる体験を売る」というのはこういうことなんだと考えさせられます。

古い本ですが、ルアーメイキングのモチベーションアップにつながる良書です。

ラパラ解体新書(バイブル) (イーハトーヴ出版の釣り文芸シリーズ)

中古価格
¥4,436から
(2015/9/2 23:29時点)

ムラセミノーのリップ取り付け用テンプレートが秀逸

最近実家で掘り出したHandmade Lure Worksをパラパラやっていたら、ムラセミノーの作り方ページによさげなものが。
ムラセミノーのリップ溝用テンプレート

リップを取り付ける溝を切り込むためのテンプレートです。
アクリル(?)のようなものでできた土台にノコギリの刃が取り付けてあり、これにルアーをセットしてノコギリを前後させれば、リップの溝が彫れる仕組み。

この本によれば、ムラセミノーはフォルムの削り出し段階からテンプレートを多用するのですが、どれも金属製の金型になっており、簡単には真似できなそうな代物です。
しかし、このリップ用のものは素人でも工夫すれば作れそう。

テンプレート好きな私としては、ぜひとも挑戦してみたいところです。

おゆまるで作った型で粘土ミノーのボディを作り、フレームもリップ溝もテンプレートでさくっと作ってしまう。
どうせなら、リップを削り出すためのテンプレートも考案してしまおうか。

そうやって省略できるところをできるだけ合理化すれば、自分が本当にこだわりたい部分(カラーリングとかアクションの微調整とか)に多くの力を割くことができますね。
(そう。決して、怠け心から言っているのではないのです。趣味まで怠けてしまったら、何に力を入れるの?って話ですからね)

テンプレート作り、時間と資金に余裕がある時にやってみます!

ハンドメイドルアー・ワークス―最高峰のルアークラフト

中古価格
¥10,000から
(2015/6/7 22:04時点)

懐かしい本に再開―Handmade Lure Works

実家の片づけを手伝っていたら、懐かしい本を掘り出しました。

「Handmade Lure Works ~最高峰のルアークラフト~」
Handmade Lure Works表紙
平成10年発行なので、今から17年前に出た本です。
当時活躍していたルアービルダーの代表的ルアーの作り方が、多数の写真とともに詳しく解説されています。
掲載ビルダーは、泉和摩(ハンクル)、石川明(ギャレット)、遠藤龍美(ウッドベイト)、加藤康雄(ネイティブ)、菊池篤博(キクチミノー)、土佐殖保(猛闘犬丸)、西音博司(ドリームラッシュ)、村瀬達也(ムラセミノー)、渡辺裕(ナベミノー)、井上泰雄(ダックス)の10人。
ここまで書いちゃっていいの?と思うようなノウハウまで書いてあり、ルアー製作をするにあたって、これ以上の参考書はないでしょう。

中学生だった私は、ルアーメイキングを始めたばかり。
この本を親に買ってもらい、むさぼるように熟読したのを覚えています。

特に、本物の小魚そっくりのウッドベイトに憧れ、作り方を真似していました。(出来上がったのは酷いものでしたが)
Handmade Lure Worksウッドベイト

これを見て思いましたが、私が素材にアガチス材を使ったり、ウロコ模様をナイフで刻んだりするのは、ウッドベイトの影響を受けているんですね。

Amazonでは中古のみ扱っています。
定価3,800円の本ですが、中古価格はなんと10,000円。
結構なお宝になっているようです。

ハンドメイドルアー・ワークス―最高峰のルアークラフト

中古価格
¥10,000から
(2015/6/7 22:04時点)

最近はハンドメイドルアーは下火で、こういった良書は見つかりませんね。
大切に読みたいと思います。