ルアーへの転写シール貼り付け試行錯誤中

転写シール貼るの難しいです…。
作っているルアーの形状のせいもあるでしょう。
IMG_1806.jpg
前回よりもシールを大きくし、背中の方まで貼れるようにしましたが、ちゃんと貼りついていない部分にしわが寄ったり剥がれたりとトラブルだらけです。
もう少しシールの大きさを調整するのと、貼り方の練習が必要なようです。

沖縄釣行 ~自作ルアーにオニカマスがヒット~

3連休で沖縄旅行に行ってきました。
実家が沖縄にある妻が友達の結婚式に出ると言うので、付いてきたのです。
妻が結婚式に行っている間は自由時間!
那覇の泊港近くのホテルから歩いて北に向かいました。
30分ほど歩いたところで良さそうな川につきあたり、ここで竿を出すことに。
(那覇市と浦添市の境目くらいの場所です)
沖縄釣行.jpg
自作のボラミノーを投げ始めると、20分ほどで最初のヒット!
あまり手ごたえのない引きに、細身の魚を想像していると、案の定上がってきたのはオニカマスの子ども。
オニカマス.jpg
手のひらサイズなので即リリース。
学生時代は沖縄に住んでいたので、オニカマスを見るのは初めてではないけれど、自作ルアーで釣るとまた違った感動があります。
その後しばらくはバラシの連続。
バーブレスフックを使っているせいもあると思うけれど、どうもルアーの構造的にバラしやすいような気が…。
まだまだ改良しなきゃ…。
最初のヒットから1時間くらいたったころに、やっと2匹目の魚。
さっきよりもスタミナのある引きに期待が膨らんだけど、寄せてくるとまたしてもオニカマス。
オニカマス2.jpg
今度は30センチくらい。少し大人の顔つきをした個体でした。
その後はアタリも無くなり、釣りは終了。
約2時間で2匹という釣果。
遠くに青い海を見ながら、青空の下での釣りは爽快の一言!
沖縄の釣りは、これだからやみつきになるんです。
今回のヒットルアー
リベンジ4.jpg
ボラを模したアガチス製55mmミノー。
考えてみたら、このルアーでしっかりと魚を釣り上げたのはこれが初めてでした。

ルアーの外装はうまくできたものの…、ヒサンな結果に

hisan1.jpg
なんとも悲惨な光景。
ミノーが横を向いて浮かんでいます。
アガチス製のルアーはいつもノーウエイトで作っています。
でも、これは完全に失敗しました。
これまでは腹側が薄くなるように削っていたんですが、これはボラをイメージして厚みのあるボディにしたので浮力が強すぎたようです。
フックを付けても、
hisan2.jpg
あり余る浮力。
糸を付けて引っ張っても、まったく動きませんでした。
カミツブシ(小)を一個付けたら、
hisan3.jpg
ちょうどいい感じ。
2個付けたら、
hisan4.jpg
スローシンキングになりました。
見た目は綺麗に出来ても、泳がなきゃルアーとしては意味が無いですね。
これを教訓に、次回はちゃんとテストしてから作ります!

実験用ボディをコーティング中

5月27日の記事で書いた時から少しずつ進めていた実験用ボディが、やっとコーティングの段階まで来ました。
実験用ボディコーティング.jpg
これから色々なパターンのウロコ模様を試したり、アルミじゃないものを貼ってみたりとアレンジしてみたいと思っています。
垂直浮きのペンシルベイトのボディですが、ウエイトの位置を変えて水平浮きになるよう調整したものも作りました。
こちらはリップを付けてミノーにします。
この週末で仕上げられるよう頑張ります!

サイト開設

はじめまして。
ルアー作りが好きな人がもっと増えるように願って、サイトを開設しました。
ルアーメイキングのススメ
できる限りお金をかけず簡単にできるルアーメイキングの方法を紹介しています。
このブログでは、本サイトに載せるほどではない雑記を書いていきます。
今後ともよろしくお願いします。