スイーツ系ルアー作り(準備編)

以前から挑戦しようと思っていたスイーツ系ルアーを作ろうと、材料と参考書を買ってまいりました。

参考にするのはコチラ。
「100円グッズでスイーツデコ2」です。
sweets-lure-160130-001

軽量粘土、エポキシ接着剤、エポキシパテ。
すべて100円ショップのダイソーで手に入れました。
sweets-lure-160130-002

さて、ルアーを作る前に、本に載っている通りに作って練習。
sweets-lure-160130-003

軽量粘土を成形し、絵の具と木工用ボンドとニスを混ぜて作ったチョコソースを塗ったら、フェイクチョコレートの完成です。
sweets-lure-160130-004

これをどのようにルアーメイキングに応用するか、、、考え中です。

100円グッズでスイーツデコ2 (別冊すてきな奥さん)

ウエイトは後付け

軽量粘土のクランクベイト「Cowry」のプロトタイプを作成中.

型抜きしたボディが乾いたのでウエイトを埋め込みました。
ルアーのお腹の部分にポンチで穴を開けます。
Cowry-slim-150625-001
今回はプロトタイプなので、0.5ミリ刻みくらいずつ位置をずらしてみました。
ウエイトは、とりあえず手元にあったカミツブシをペンチで丸く成形したもの。

ボディにカミツブシを埋め込んで、粘土で穴をふさぎます。
Cowry-slim-150625-002
試作なので、後でウエイト位置がわかりやすいように、絵の具で赤く染めた粘土でふたをしました。

もう一日乾かします。
Cowry-slim-150625-003
この次はコーティングをして、浮き姿勢のチェックです。

新型粘土クランクのボディ成形を開始

粘土クランク、新型Cowryのプロトタイプ作成中です。
プロトタイプのボディを乾燥中
おゆまる型を作り、とりあえず1ダース(12個)作りました。
ピンク色をしているのは、この色の粘土しか手元に無かったからです。

今回の型は、ボディの合わせ目がずれにくいように、箱型にしてみました。
おゆまる型
型取りしたボディを取り出しにくいですが、今のところうまくできています。

粘土クランク「Cowry」を小型&スリム化

ウエイトバランスやリップの形状にとことんこだわるルアーメイキングラボ。
第一弾として、軽量粘土製のエリアクランク「Cowry」を小型&スリム化したルアーの製作に取り掛かりました。

まずはアガチス材を削り、おゆまる型を作るための原型を作成。

もとのCowry(左)は全長3センチでしたが、新Cowryでは2.5センチに縮小。
Cowryを小型化

幅も約1.5センチだったものを1センチにスリム化しました。
また、丸みを帯びていた背中に面を作り、転写シールによるカラーリングが映えるようにしました。
スリム化したCowry

この原型をもとにおゆまるで型を作り、粘土製のボディを量産します。
ウエイトの位置や重さ、リップの形状などを変えたプロトタイプを作り、それぞれの泳ぎの違いを検証します。

粘土ミノー(カラフル水玉Ver.)

レッド、オレンジ、イエロー、グリーン。

黒地にカラフルな水玉を散らしてみました。
カラフルな水玉ミノー

プリンターの設定をミスったようで、薄い色のインクが少しにじんだようになってしまいました。
カラフルな水玉

アルミは、模様をつけるとしっくりこなかったため、あえて無地に。
アルミは無地に

ほっぺたのピンクのスポットは、転写シールにプリントしたものを貼りました。
コーティングを重ねると、シールの境目は見えなくなります。
ピンクのスポットは転写シールで

このミノーはローリングアクションなので、背中の模様と体側のアルミの輝きとのコントラストでアピール効果があるのでは、と思っていますが、どうでしょうか。

水玉のテクスチャはパターンライブラリーに追加済みですので、ご自由にお使いください。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)

こいのぼりミノーを作ってみた

こどもの日が近いということで、こいのぼりを模したミノーを作ってみました。
模様はパターンライブラリーのこいのぼりパターンを使用し、転写シールに印刷して貼りつけました。

こいのぼりミノー
ベースにした四角いミノーの形状が、こいのぼりの形にマッチしていていい感じです。

プリントしたシールが少し小さくて、背中と側面の間に隙間ができてしまいましたが、綺麗にできた方だと思います。
こいのぼりミノー(黒)

ウエイトの重さやバランスは前回作った粘土ミノーと同じなので、水中でサスペンドします。

エアブラシでは表現できない微細な模様を表現できるのが転写シールの利点。
転写シールを貼ったこいのぼりパターン
顔の模様はエクセルのオートシェイプを使って描きました。
描き方は改めて紹介しますね。

シールを貼るのにもだんだん慣れてきたので、今後はもっと色々なパターンに挑戦してみます。

しかし、どんなに綺麗に作ったところで、肝心の「魚を釣る」ということが出来なければ、ただの魚のおもちゃですね。
近々、スイムテストに行けそうなので、これまで作った粘土ミノーとまとめてテストし、あわよくば何か釣ってやろうと思っています。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)

粘土ミノー浴槽スイムテスト―フローティングのつもりがサスペンドに・・・

先日作った粘土ミノーを、とりあえず浴槽でスイムテストしてみました。

フローティングのつもりで作ったのですが、アルミ貼りやコーティングで比重が増し、サスペンドになってしまいました・・・。
太軸フックを使っているので、細軸にすればかろうじてフローティングになりそうです。
粘土ミノーの浮き姿勢

黒い粘土で作ったものは比重が違ったようで、アルミもシールも貼っていないにも関わらず、完全なシンキングになってしまいました。

動きは、ただ巻きで弱めのローリング。
ボディのお腹側を厚めに作ってあるので、これは思った通りです。
トゥイッチすると大きく平打ちし、ローリングしながらその場に留まるという面白いアクションを見せます。

これはこれでいいのですが、キビキビアクションのフローティングミノーが欲しいので、ウエイト調整が必要ですね。

最初から思い通りにいかないのがルアーメイキング。
少しずつ、少しずつ、調整し、理想のルアーを作り上げましょう。

ついに粘土ミノー完成です!

先週水曜日から作り始め1週間。
ついに軽量粘土製のミノーが完成しました!
目玉を取り付けて最終コーティングし、リップの取り付けまで行いました。

粘土ミノー完成

当初6個あったのが、ウエイトバランスの不具合で2個がボツになり、
生き残った4つは無事に仕上げまで持ってくることができました。

まずはベージュの水玉模様。
ベージュの水玉模様ミノー
ウロコを水玉模様で表現してみました。
ベースカラーをベージュにしたことで、デフォルメしつつナチュラルな仕上がりになったのではと思います。

ウロコ模様。
ウロコ模様のミノー
ボラなどの小魚をイメージしました。
背中のウロコ模様ですが、前後が逆になっていることに貼ってから気づきました…。
これはこれでいいか…?

黄色い粘土で作ったボディは、ナチュラルなウロコ模様とアルミを貼って中和してみました。
黄色いボディのミノー
これが何気に一番のお気に入り。

黒いボディは、目玉のみでボディには何も貼りませんでした。
clay-minnow-black
黒い軽量粘土は乾燥すると変色するので、しっかりサンディングしないと、このルアーのように色むらが出てしまいます。

黒以外のボディには、腹側にサイトのURLを名入れしました。
clay-minnow-name002
背中の模様と同じく、転写シールに文字を印刷し、貼りつけています。
こうするだけで雰囲気が出ますね。

ということで、ひとまず完成したルアーのお披露目でした。
スイムテストは、また改めてご紹介できればと思います。

今回のルアーの制作工程は、改めてまとめて紹介しますので、しばらくお待ちくださいませ。

なお、今回使った模様のテクスチャは、パターンライブラリーに追加してあります。

粘土ミノーのコーティングはまだまだ続く

粘土ミノーを手がけて5日。
まだまだコーティングは続きます。

粘土ミノーのコーティング

転写シールとアルミは貼り終わったので、あとはひたすらコーティング。
目を入れるのは最後のコーティングの直前なので、しばらくはこの繰り返しです。

全部で25回行おうと思っていて、今日は20回まで進みました。
あと少し。

乾燥2時間×25回なので、単純に50時間はコーティングの乾燥待ちに費やすわけですね。
セルロースセメントを使う場合の宿命です。
粘土の乾燥にも2日間かけたので、待ち時間だけで100時間・・・。
焦らずに、じっくりやりましょう。

順調にいけば、明後日くらいには目入れをできそうです。

雨が続き湿度が高いので、セルロースセメントが曇りがち。
私はバスルームでコーティングをしているのですが、水気をふき取り、エアコンで部屋を乾燥させて、何とか対応しています。

吹き付ける塗料を使わずに最後まで仕上げたいので、最終コーティングは湿度の低い日を選んで行う必要がありそうです。
予報的には大丈夫そうですが、はたしてうまくいくでしょうか。
すでに2本をボツにしているので心配です・・・。

粘土ミノーの途中経過。転写シールとアルミを貼ってコーティング中

粘土ミノーの制作を着々と進めております。

コーティング中の粘土ミノー

背中の転写シールもアルミテープも、試作品にしてはうまく貼れましたが、どちらもサイズ調整が必要です。
ですが、想定していたとおり、平面を多用したボディ形状は、シール状のものが貼りやすいです。

調子に乗って、転写シールで名入れもしてみました。
転写シールによる名入れ

ルアーの名前をまだ決めていないので、とりあえずサイトのURLをプリント。いい感じです。
(転写シールで文字を入れる場合は、データを反転させて印刷しないといけないので注意です)

今回、背中の模様も色々作ってみたので、仕上がったら改めて紹介します。
新たに作ったテクスチャも改めて配布いたしますので、お楽しみに。