粘土ミノー浴槽スイムテスト―フローティングのつもりがサスペンドに・・・

先日作った粘土ミノーを、とりあえず浴槽でスイムテストしてみました。

フローティングのつもりで作ったのですが、アルミ貼りやコーティングで比重が増し、サスペンドになってしまいました・・・。
太軸フックを使っているので、細軸にすればかろうじてフローティングになりそうです。
粘土ミノーの浮き姿勢

黒い粘土で作ったものは比重が違ったようで、アルミもシールも貼っていないにも関わらず、完全なシンキングになってしまいました。

動きは、ただ巻きで弱めのローリング。
ボディのお腹側を厚めに作ってあるので、これは思った通りです。
トゥイッチすると大きく平打ちし、ローリングしながらその場に留まるという面白いアクションを見せます。

これはこれでいいのですが、キビキビアクションのフローティングミノーが欲しいので、ウエイト調整が必要ですね。

最初から思い通りにいかないのがルアーメイキング。
少しずつ、少しずつ、調整し、理想のルアーを作り上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>