ハワイの色々(言葉、通貨、魚など)

ハワイ旅行での色々を書き留めておきます。

ハワイ出雲大社の狛犬

言葉

ハワイでは、英語がほとんどしゃべれなくても、あまり困ることはありません。
店に入り「Do you have a table?(席空いてますか?)」と頑張って尋ねてみましたが、「ニジュップンマチ(二十分待ち)」と日本語で返してきました。

もちろん、全員が日本語を理解しているわけではなく、必要な会話のみを覚えているだけだと思いますが、それだけでも安心感がありました。
中学生レベルの英語力があれば、まず問題ありません。
ですが、どうせなら英語をしゃべれるようになって、もっとコミュニケーションをとりたい!と心から思いました。

日本でも外国人を見かけたら「自分が日本人代表」という意識で親切に接したいものです。

通貨

米国であるハワイの通貨はもちろん米ドル。
ですが、初めて海外に行く私は、セントコインにとまどいました。

まず、どのコインにも額面が数字で書かれていないため、よくわかりません。

写真の左奥から、1セント、5セント、10セント、25セント。
ドルコイン
基本的なドル硬貨はこの4種類です。

紛らわしいのが、金額の大きい10セント硬貨が1セント硬貨とほぼ同じ大きさになっています。
こっちが5セントだっけ?と混乱します。

そして、慣れないと5セントと25セントの区別がつかない・・・。
店のレジで見当違いの金額を出してしまったりします。
(「No,No!」と言って店員さんに訂正されます)

よく見ると、10セントと25セントには外周にギザギザが付いており、「金額の大きい2つはギザ銭」と覚えればいいみたいですね。

ちなみに、ドルコインにはそれぞれニックネームがついており、
1セント=ペニー
5セント=ニッケル
10セント=ダイム
25セント=クオーター
と呼ばれているそうです。
コインの面には、小さくこのニックネームが彫られています。

人はとにかく親切。
観光地だからということもあるのでしょうが、信号の無い横断歩道では必ず歩行者優先で、車は一時停止して通してくれます。
アメリカは車社会で運転が荒いというイメージがあったので、これは意外でした。

店員さんも、英語が聞き取りやすいようにゆっくりとしゃべってくれました。

水辺を見かけると覗き込んで魚を探してしまうのは釣り人の習性(笑)

アラモアナパークの池には、シクリッドのようなタイ型の魚が群れており、地元の親子が釣り上げようと頑張っていました。
アラモアナパークの池の魚

アラモアナショッピングセンターの中にある池には、錦鯉が放されています。
アラモアナショッピングセンターの錦鯉

花火を見に行ったヨットハーバーで港を覗き込んでみたら、50センチくらいのフグが数匹、ヨットの下からゆらゆらと寄ってきました。
餌付けされているのかもしれませんね。
暗くて写真が撮れなかったので、昼間にも行ってみましたが、探しても見つかりませんでした。
ヨットハーバー

おまけ。
そのヨットハーバー近くの運河で見つけました。
釣りをする少年の絵
釣りをする少年の絵

リアルに描かれているので、本当に釣り人がいるのかと思ってしまいました。
写真ではわかりにくいですが、本物の釣り糸が水面までつながっていて、かなり手の込んだ作品となっています。

ホノルルの街

ホノルルの街は工事ラッシュのようで、巨大なクレーンがたくさん立ち並んでいました。
ホノルルの巨大なクレーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>