ビルドなのかメイクなのかクリエイトなのか

「ルアーメイキングのススメ」を公開して3年が経とうとしています。

「ルアービルディング」なのか「ルアーメイキング」なのか。
このサイトを始める前にもすごく迷ったコトバです。

どちらも同じくらい浸透していると思うのですが、ルアー製作者を表すときには「ルアービルダー」と呼ぶのが一般的(日本語で「メーカー」っていうと、「製造所」とか「製作会社」みたいな意味合いでとらえられてしまいますね)なので、最初は「ルアービルディングのススメ」が有力でした。

「ビルディング(building)」には構築という意味があり、見た目だけでなく「動き」や「潜行深度」といった性能の部分までデザインして作り上げるルアーにはぴったりの表現です。
しかし、何か難しそうな印象を与えてしまう。
このサイトは、ルアーを作ったことが無い人向けに最初の一歩を踏み出してほしくて、「ルアー作りは意外に簡単」というメッセージを送ろうと思って作りました。
であれば、「構築」などという小難しいコトバは使わずに、単純に「作る(make)」がいいのではないか。
そう考えて、「ルアーメイキング」を採用することになりました。

さて、同じ「作成」という意味で筆者が気になっているのは、「クリエイト(create)」という単語。
こちらは「ゼロから新しいものを作り出す(創造)」という意味合いが強く、主に芸術表現に対して使うコトバであります。

しかし、「ルアークリエイティング」と言ってみると・・・。
・・・語呂がまわりくどいです。

でも「ルアークリエイター」なら・・・!
・・・なんだかスマートな響きです。
サウンドクリエイター、ロボットクリエイター、CGクリエイター、みたいな。

「ビルダー」というとボディビルダーとか建設会社というイメージが強く、どちらかというとワイルドな印象。
ルアーは魚を釣る道具です」などと偉そうに言っておきながら何ですが、最近の筆者の作るルアーは「道具」というよりは「作品」と呼んだ方がしっくりくるような軟弱なものが多いので、「ビルダー」というよりは「クリエイター」という呼び名の方が性に合っている気がします。

ということで、筆者は今後「ルアークリエイター」を名乗ることにいたしました。
ルアークリエイターとして、イノベーティブでクリエイティブなルアーを作り出し、その制作過程を余すことなくお伝えしていきたい!と思っております。
(この半年間、作品らしいものを何一つ発表していないことは棚に上げ、まずは宣言しておきます)

さて、今やっているクリエイターっぽい取り組みを紹介すると、まず一つはアニマル柄ルアーの製作。
キリン柄のルアー
こちらはもう少ししたら納得のいくものができそうです。

そして、iPad Pro。
ipad-pro-160313
こちらは現状、Apple Pencilを使ってルアーのデッサンをしているだけですが、ルアーメイキングに活かせる便利な使い方を模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>