今更ですが、ラパラ解体新書を読んでみた

「ラパラ解体新書(バイブル)」を読みました。
ラパラ解体新書
1999年発行なので、16年も前の本なんですね。
当時、釣り雑誌に広告が出ていたのを覚えています。

内容は、ラパラシリーズの各ルアーの特徴と使い方の紹介、ルアーの内部構造の解説、創業者ラウリ・ラパラの生涯などで構成されています。
そのタイトルにある「解体」から想起されるように、ラパラの断面図が掲載されており、これは一見の価値ありです。

多くのバルサミノーは、2枚のバルサ材を貼り合わせて1個のボディを形成しています(当サイトの作り方ページにあるような)が、ラパラは1個の木片からボディを削り出し、腹側に溝を彫ってフレームやウエイトを組み込んでいるようです。
(※本書の発行当時)
バルサの特性を生かすための製法だそうです。
確かに、木材はばらつきの大きいマテリアルなので、このラパラの製法がルアーを作るのに一番安定しているかもしれません。

(というか、ラパラFってノーウエイトなんですね・・・)

本書にも記載されていましたが、ラパラのポリシーは製品一つ一つをスイムテストすること。
リップを削ったり、アイを曲げたり、それぞれにチューニングを施して出荷しているそうです。

手元にあったラパラCD7を確認してみると・・・、
リップをチューニングされたラパラCD7
ありました。リップを削った跡が。
(リップのくぼみの右端部分)

このチューニングの事実を知らなかったときは、「リップが欠けてる!」と初期不良を疑っていました・・・。
ラパラの製品にかける愛情の表れだったんですね。
ただ製品を売るのではなく「製品から得られる体験を売る」というのはこういうことなんだと考えさせられます。

古い本ですが、ルアーメイキングのモチベーションアップにつながる良書です。

ラパラ解体新書(バイブル) (イーハトーヴ出版の釣り文芸シリーズ)

中古価格
¥4,436から
(2015/9/2 23:29時点)

夏休みの自由工作に「ルアーメイキング」という選択

夏休みに入り、お子さんの工作の宿題のネタ探しに困っている方も多いのでは?
釣りが好きな方は、この機会にルアーメイキングに挑戦してみませんか?
top2
ルアーメイキングでは、木を切ったり削ったりする「木工の基本」や、ルアーの形やカラーリングを考える「デザインセンス」などを磨けます。
リップの形状・大きさ、ボディの浮力等による動きの違いをトライ&エラーにより検証する「研究要素」もあり、自由工作・自由研究に最適な題材だと思います。

ルアーは考えるよりも簡単に自作できます。
100円ショップで手に入る道具と材料だけで作ることも可能です。

自分に合った素材と作り方を選んでチャレンジしてみてください。
当サイトに掲載している作り方を素材別に紹介します。

100均アイテムだけで作ったルアー
浮力が高いうえに、そこそこ強度もあり、バルサやアガチスに次いでルアーメイキングに使用されることが多い木材です。
当サイトでは「100円ショップで手に入る木材」として登場します。

参考ページ
100円ショップの材料と道具だけでルアーを作る!

軽量粘土

rattle005
バルサ並に浮力が高く、工夫次第で加工もしやすい軽量粘土。
当サイトでは、次世代のルアーメイキング素材として注目しています。
強度に不安はありますが、型を使って同じルアーを簡単に量産できるのが魅力です。

参考ページ
粘土を使ってルアーを作る!

バルサ

pencil001
バルサ材で作るペンシルベイト
柔らかく加工しやすいバルサ材を使用した、小型のペンシルベイトの作り方を紹介しています。
ルアーメイキングでは定番の素材であるバルサ材は、高い浮力を活かしたキビキビとしたアクションのルアーを作ることができます。

参考ページ
バルサ材でルアーを作ろう!

アガチス

agathislure0
木目が細かく加工しやすいアガチス材は、バルサよりも比重が高く、ノーウエイトでもしっかり泳ぐルアーを作れます。
硬質の木材なのでヒートンを打ち込むことができ、手軽にルアーを作る素材としては最適です。
バルサよりも堅いので、加工には時間がかかります。

参考ページ
アガチス材を使ってルアーを作ってみよう!

その他、ルアーの作り方ページも参考にしてください。