100円ショップの道具と材料だけでルアーを作成中(リップの材料が見つからない編)

100円ショップの道具と材料だけでルアーを作る試みですが、リップの材料をどうしようかというところで停滞していました。

そこで、とりあえずリップを付けないタイプのルアーを先に作ってみようかと、バイブレーションに挑戦してみました。

それがこちら。
100均オンリーバイブレーション
焦げたパンのような微妙なデザイン・・・。
こげ茶と黒の絵の具を使用しグラデーションを表現しようとしましたが、なかなか難しいです。
あと、ホログラムシールを切り抜いて貼っただけのアイが、(悪い意味で)手作り感満載の雰囲気を醸し出しています。

私の行った100均では釣りのオモリを扱っていなかったため、ウエイトにはスチール製のねじを使用しましたが、鉛に比べて非常に軽いため、フローティングになってしまいました。

ただ、湯船での簡易スイムテストをしてみたところ、動きはかなり良いです。
スローで引いても激しくウォブリングします。
フローティングなのでスローで引けるという良さがあるんですね。
もう少しブラッシュアップすれば良いルアーになるかもしれません。

納得のいかない仕上がりになってしまったため、「すべて100円」にこだわらないものも作ってみました。
準100均オンリーミノー
3.5センチのミノーです。
リアルアイは釣具屋で購入した市販のもの、リップは東急ハンズで入手したポリカーボネート板を使いました。
また道具では、100円ショップでは取り扱っているのを見たことが無い4ミリのポンチ、アクリルカッターを使用。

ボディは100均の桐材をノーウエイトで。
フレーム、アルミテープ、着色に使った絵の具も100均のもの。

スポンジに水彩絵の具を染み込ませ、黒と朱色のグラデーションにしてみました。
絵の具でグラデーションを表現
エポキシ接着剤でコーティングしたため、1時間ほどで完全に硬化。
乾燥時間を除いたトータルの作業時間は2.5時間ほどです。

突貫で作ったため粗も目立ちますが、慣れればもっと綺麗にできそうです。

こちらも動きは素晴らしく、デッドスローで引き波を立てながら蛇行気味にローリングします。
ボディは小さいですが厚みがあって派手な動きをするため、ベイトのシルエットが小さいけれどルアーを目立たせたい、というようなシチュエーションで有効なルアーになるでしょう。

これで100均アイテムだけで作れていれば合格でした。

ということで、100円ショップの道具と材料だけでルアーを作る試みは、ノウハウの確立にはもう少し時間がかかりそうです。
課題は、リップの素材とアイですね。

100円ショップの道具と材料だけでルアーを作成中(とりあえず組み立てまで)

100円ショップの道具と材料だけでルアー作りに挑戦中。

ダイソーで買った桐の角棒(厚さ5ミリ)を貼り合わせて削り・・・、
100円ショップの木材を削ります

同じくダイソーのステンレス針金で作ったフレームを組み込みました。(針金はホームセンターで買った方が安いです)
フレームを組み込んだルアー

ウエイトは後で入れようと思っているので、100円ドリルで穴を開けておきました。

ちなみに、ルアーの型は粘土ミノーと同じものを使っています。

とりあえず、今日はここまで。
所要時間はおよそ1時間でした。

パターンの使い方を詳しく載せました

パターンライブラリーに掲載しているパターンファイルの使い方を詳しく解説したページを作成しました。
テクスチャの使い方1—図形をルアーの形に編集する
テクスチャの使い方2—模様を敷きつめる

パターンライブラリーのファイルを活用する
イラストレーターなどの描画ソフトが無くても、表計算ソフトのExcel(エクセル)の図形機能で描いたルアーのイラストにパターンファイルを読み込んで、ルアーの大きさや形にぴったりの転写シール用データを作れます。

エクセルだけでなく、ワードやパワーポイントでも同じやり方で作れます。
使い慣れたソフトで挑戦してみてください。

自作ルアーの形にぴったりの転写シールが作れます。
転写シールにプリントしたパターン

ルアーに貼りつけてコーティングすれば、この通り。
転写シールを貼りつけたルアー

パソコンソフトを使い慣れていない方には少しわかりづらいかもしれません。
ご不明な点はコメント欄に記入していただければ、随時ページをアップデートしますので、お気軽にお問い合わせください!

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/11 20:40時点)

100円ショップの材料と道具だけでルアーを作れるか?

100円ショップのダイソーで色々仕入れてきました。
100円アイテムのみでルアー作りに挑戦
これらを使い、100円ショップの材料と道具だけでルアーを作れるか、という挑戦をしたいと思っています。

このサイトの目的は、場所や状況に関係なく誰もがルアーメイキングに挑戦できるようになること。
100円ショップの良いところは、日本全国どこにでもあり(2014年時点でダイソーは2800店舗、キャンドゥは893店舗)、誰にでも手に入れやすい100円均一という価格で、初期投資を抑えられること。

小中学生が夏休みの自由工作で挑戦できるくらいの手軽さを目指します。

ついに粘土ミノー完成です!

先週水曜日から作り始め1週間。
ついに軽量粘土製のミノーが完成しました!
目玉を取り付けて最終コーティングし、リップの取り付けまで行いました。

粘土ミノー完成

当初6個あったのが、ウエイトバランスの不具合で2個がボツになり、
生き残った4つは無事に仕上げまで持ってくることができました。

まずはベージュの水玉模様。
ベージュの水玉模様ミノー
ウロコを水玉模様で表現してみました。
ベースカラーをベージュにしたことで、デフォルメしつつナチュラルな仕上がりになったのではと思います。

ウロコ模様。
ウロコ模様のミノー
ボラなどの小魚をイメージしました。
背中のウロコ模様ですが、前後が逆になっていることに貼ってから気づきました…。
これはこれでいいか…?

黄色い粘土で作ったボディは、ナチュラルなウロコ模様とアルミを貼って中和してみました。
黄色いボディのミノー
これが何気に一番のお気に入り。

黒いボディは、目玉のみでボディには何も貼りませんでした。
clay-minnow-black
黒い軽量粘土は乾燥すると変色するので、しっかりサンディングしないと、このルアーのように色むらが出てしまいます。

黒以外のボディには、腹側にサイトのURLを名入れしました。
clay-minnow-name002
背中の模様と同じく、転写シールに文字を印刷し、貼りつけています。
こうするだけで雰囲気が出ますね。

ということで、ひとまず完成したルアーのお披露目でした。
スイムテストは、また改めてご紹介できればと思います。

今回のルアーの制作工程は、改めてまとめて紹介しますので、しばらくお待ちくださいませ。

なお、今回使った模様のテクスチャは、パターンライブラリーに追加してあります。

粘土ミノーのコーティングはまだまだ続く

粘土ミノーを手がけて5日。
まだまだコーティングは続きます。

粘土ミノーのコーティング

転写シールとアルミは貼り終わったので、あとはひたすらコーティング。
目を入れるのは最後のコーティングの直前なので、しばらくはこの繰り返しです。

全部で25回行おうと思っていて、今日は20回まで進みました。
あと少し。

乾燥2時間×25回なので、単純に50時間はコーティングの乾燥待ちに費やすわけですね。
セルロースセメントを使う場合の宿命です。
粘土の乾燥にも2日間かけたので、待ち時間だけで100時間・・・。
焦らずに、じっくりやりましょう。

順調にいけば、明後日くらいには目入れをできそうです。

雨が続き湿度が高いので、セルロースセメントが曇りがち。
私はバスルームでコーティングをしているのですが、水気をふき取り、エアコンで部屋を乾燥させて、何とか対応しています。

吹き付ける塗料を使わずに最後まで仕上げたいので、最終コーティングは湿度の低い日を選んで行う必要がありそうです。
予報的には大丈夫そうですが、はたしてうまくいくでしょうか。
すでに2本をボツにしているので心配です・・・。

新しい粘土ミノーのボディを成形中

相変わらず、粘土ルアー作りにはまっております。
(釣りには行けてないのに)

今回手がけているものは、スクエアでファットなミノーが作りたくてデザインしました。
粘土ミノーデザイン案

先週、第一弾のボディを作ったのですが、乾燥させてコーティングしてみたら、ウエイトがずれたらしく見事に左右のバランスが崩れてしまいました。
見た目は綺麗なんですけどね。
綺麗な失敗ボディ

粘土は柔らかいため、ボディを成形するためにギュッと押し付けると、ウエイトが左右にずれやすいのです。

そこで考案したのがこれ。
ウエイトのズレ防止テープ

フレームのラインアイ(またはフックアイ)の部分の針金を少し余らせて曲げ、メインフレームとの間に紙テープを巻き付けます。
こうすることで、テープがボディの中心にとどまろうとするために、フレーム全体が中心にキープされます。

この機構を組み込んだボディを、今日は6本作ってみました。
あと二日かけて乾燥させたら、コーティングとカラーリングを行います!