荒川にて粘土ルアーのスイムテスト・・・大切な仲間たちとの別れ・・・

時間ができたので、荒川にスイムテスト釣行に行ってきました。

思い返してみれば、まともにロッドを振ったのは約1年ぶり(!)
去年は色々あり、全然釣りに行けていませんでした。

というわけで、気合を入れて行ったのですが、結果から言ってしまえば見事にボウズ・・・。
川には濁りが入っており、スイムテストの方も満足とは言い難いものになってしまいました。
おまけに新しく作った粘土ミノーを2個もロスト・・・。
散々な釣行でした。

川口市にある三領水門から戸田にかけて、荒川をさかのぼりながらランガン。
三領水門

ところどころで3センチほどの小魚(おそらくボラの稚魚)が水面を黒く染めるほど群れており、時々何かにおびえるようにざわついていました。
ボラの稚魚の群れ

見込み違いでサスペンドになってしまったミノーは、フローティングに慣れた私には使いづらく、時々隠れたストラクチャーに引っかかりヒヤヒヤ。
泳ぎ自体は悪くなくて、ローリング気味にヨタヨタと泳ぎます。
粘土ミノー

ですが、ゴロタ主体のカケアガリのポイントはサスペンドミノーには浅すぎたようで根がかり・・・。

お気に入りだった黄色いボディのミノーが殉職してしまいました。
これまではフローティングタイプのルアーばかり使っていたため、根がかり経験が少なかった私は、出だしからとてつもないショックを受けたのでした。

初代粘土ルアーの「Cowry」も、フィールドでは初テスト。
管釣りで使うことを想定した3センチのクランクベイトです。
粘土クランクCowry

これは思っていた以上に良い動き。
お腹側をカーブさせているためか、マイクロスプーンのように強めのローリングアクションで泳ぎます。
浮力も高いため、ロールして止めるとプカッと浮くというメリハリのある動きをします。
ただし、早巻きではバランスを崩して水面から飛び出てしまうので、デッドスローからスロー限定です。

テトラポッドが並ぶエリアでは、5センチほどの小さなハゼがスレがかりしてきました。
シングルフックにかかってくるほどなので、結構な数がひしめきあっていそうです。
荒川

これから夏に向けて大きく育ち、ハゼ釣りで楽しませてくれるのでしょう。
そういえば、去年はハゼのクランキングが流行っていましたね。
Cowryで挑戦してみようと思います。

それにしても、濁りがきつくてだんだんとやる気も失せてきました。

さらに、このエリアで粘土ミノーをダメ押しの根がかりロスト・・・。
さすがに心が折れて納竿といたしました。

一度も魚をかけることなくロストしてしまったルアーたちは本当に無念。
フィールドに合わないルアーを無理に使ってはいけませんね。
フローティングバージョンを早く作らなくちゃ。

粘土ミノー(カラフル水玉Ver.)

レッド、オレンジ、イエロー、グリーン。

黒地にカラフルな水玉を散らしてみました。
カラフルな水玉ミノー

プリンターの設定をミスったようで、薄い色のインクが少しにじんだようになってしまいました。
カラフルな水玉

アルミは、模様をつけるとしっくりこなかったため、あえて無地に。
アルミは無地に

ほっぺたのピンクのスポットは、転写シールにプリントしたものを貼りました。
コーティングを重ねると、シールの境目は見えなくなります。
ピンクのスポットは転写シールで

このミノーはローリングアクションなので、背中の模様と体側のアルミの輝きとのコントラストでアピール効果があるのでは、と思っていますが、どうでしょうか。

水玉のテクスチャはパターンライブラリーに追加済みですので、ご自由にお使いください。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)

こいのぼりミノーを作ってみた

こどもの日が近いということで、こいのぼりを模したミノーを作ってみました。
模様はパターンライブラリーのこいのぼりパターンを使用し、転写シールに印刷して貼りつけました。

こいのぼりミノー
ベースにした四角いミノーの形状が、こいのぼりの形にマッチしていていい感じです。

プリントしたシールが少し小さくて、背中と側面の間に隙間ができてしまいましたが、綺麗にできた方だと思います。
こいのぼりミノー(黒)

ウエイトの重さやバランスは前回作った粘土ミノーと同じなので、水中でサスペンドします。

エアブラシでは表現できない微細な模様を表現できるのが転写シールの利点。
転写シールを貼ったこいのぼりパターン
顔の模様はエクセルのオートシェイプを使って描きました。
描き方は改めて紹介しますね。

シールを貼るのにもだんだん慣れてきたので、今後はもっと色々なパターンに挑戦してみます。

しかし、どんなに綺麗に作ったところで、肝心の「魚を釣る」ということが出来なければ、ただの魚のおもちゃですね。
近々、スイムテストに行けそうなので、これまで作った粘土ミノーとまとめてテストし、あわよくば何か釣ってやろうと思っています。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)

粘土ミノー浴槽スイムテスト―フローティングのつもりがサスペンドに・・・

先日作った粘土ミノーを、とりあえず浴槽でスイムテストしてみました。

フローティングのつもりで作ったのですが、アルミ貼りやコーティングで比重が増し、サスペンドになってしまいました・・・。
太軸フックを使っているので、細軸にすればかろうじてフローティングになりそうです。
粘土ミノーの浮き姿勢

黒い粘土で作ったものは比重が違ったようで、アルミもシールも貼っていないにも関わらず、完全なシンキングになってしまいました。

動きは、ただ巻きで弱めのローリング。
ボディのお腹側を厚めに作ってあるので、これは思った通りです。
トゥイッチすると大きく平打ちし、ローリングしながらその場に留まるという面白いアクションを見せます。

これはこれでいいのですが、キビキビアクションのフローティングミノーが欲しいので、ウエイト調整が必要ですね。

最初から思い通りにいかないのがルアーメイキング。
少しずつ、少しずつ、調整し、理想のルアーを作り上げましょう。

ついに粘土ミノー完成です!

先週水曜日から作り始め1週間。
ついに軽量粘土製のミノーが完成しました!
目玉を取り付けて最終コーティングし、リップの取り付けまで行いました。

粘土ミノー完成

当初6個あったのが、ウエイトバランスの不具合で2個がボツになり、
生き残った4つは無事に仕上げまで持ってくることができました。

まずはベージュの水玉模様。
ベージュの水玉模様ミノー
ウロコを水玉模様で表現してみました。
ベースカラーをベージュにしたことで、デフォルメしつつナチュラルな仕上がりになったのではと思います。

ウロコ模様。
ウロコ模様のミノー
ボラなどの小魚をイメージしました。
背中のウロコ模様ですが、前後が逆になっていることに貼ってから気づきました…。
これはこれでいいか…?

黄色い粘土で作ったボディは、ナチュラルなウロコ模様とアルミを貼って中和してみました。
黄色いボディのミノー
これが何気に一番のお気に入り。

黒いボディは、目玉のみでボディには何も貼りませんでした。
clay-minnow-black
黒い軽量粘土は乾燥すると変色するので、しっかりサンディングしないと、このルアーのように色むらが出てしまいます。

黒以外のボディには、腹側にサイトのURLを名入れしました。
clay-minnow-name002
背中の模様と同じく、転写シールに文字を印刷し、貼りつけています。
こうするだけで雰囲気が出ますね。

ということで、ひとまず完成したルアーのお披露目でした。
スイムテストは、また改めてご紹介できればと思います。

今回のルアーの制作工程は、改めてまとめて紹介しますので、しばらくお待ちくださいませ。

なお、今回使った模様のテクスチャは、パターンライブラリーに追加してあります。