ビルドなのかメイクなのかクリエイトなのか

「ルアーメイキングのススメ」を公開して3年が経とうとしています。

「ルアービルディング」なのか「ルアーメイキング」なのか。
このサイトを始める前にもすごく迷ったコトバです。

どちらも同じくらい浸透していると思うのですが、ルアー製作者を表すときには「ルアービルダー」と呼ぶのが一般的(日本語で「メーカー」っていうと、「製造所」とか「製作会社」みたいな意味合いでとらえられてしまいますね)なので、最初は「ルアービルディングのススメ」が有力でした。

「ビルディング(building)」には構築という意味があり、見た目だけでなく「動き」や「潜行深度」といった性能の部分までデザインして作り上げるルアーにはぴったりの表現です。
しかし、何か難しそうな印象を与えてしまう。
このサイトは、ルアーを作ったことが無い人向けに最初の一歩を踏み出してほしくて、「ルアー作りは意外に簡単」というメッセージを送ろうと思って作りました。
であれば、「構築」などという小難しいコトバは使わずに、単純に「作る(make)」がいいのではないか。
そう考えて、「ルアーメイキング」を採用することになりました。

さて、同じ「作成」という意味で筆者が気になっているのは、「クリエイト(create)」という単語。
こちらは「ゼロから新しいものを作り出す(創造)」という意味合いが強く、主に芸術表現に対して使うコトバであります。

しかし、「ルアークリエイティング」と言ってみると・・・。
・・・語呂がまわりくどいです。

でも「ルアークリエイター」なら・・・!
・・・なんだかスマートな響きです。
サウンドクリエイター、ロボットクリエイター、CGクリエイター、みたいな。

「ビルダー」というとボディビルダーとか建設会社というイメージが強く、どちらかというとワイルドな印象。
ルアーは魚を釣る道具です」などと偉そうに言っておきながら何ですが、最近の筆者の作るルアーは「道具」というよりは「作品」と呼んだ方がしっくりくるような軟弱なものが多いので、「ビルダー」というよりは「クリエイター」という呼び名の方が性に合っている気がします。

ということで、筆者は今後「ルアークリエイター」を名乗ることにいたしました。
ルアークリエイターとして、イノベーティブでクリエイティブなルアーを作り出し、その制作過程を余すことなくお伝えしていきたい!と思っております。
(この半年間、作品らしいものを何一つ発表していないことは棚に上げ、まずは宣言しておきます)

さて、今やっているクリエイターっぽい取り組みを紹介すると、まず一つはアニマル柄ルアーの製作。
キリン柄のルアー
こちらはもう少ししたら納得のいくものができそうです。

そして、iPad Pro。
ipad-pro-160313
こちらは現状、Apple Pencilを使ってルアーのデッサンをしているだけですが、ルアーメイキングに活かせる便利な使い方を模索中です。

ルアーメイキング入門の次のステップ

ルアーメイキングのススメでは、「いかに簡単で安価にルアーを作るか」に焦点を当てて試行錯誤しております。

ですが、そろそろ基本的な作り方の紹介も一段落してきましたので、自分なりのこだわりを追求してみたいと思い始めました。
どうせハンドメイドするのなら、どのメーカーも出していないものを作りたいですし。

ボーダーヘイズで色々なハンドメイドルアーを預かっていて感じたのは、「ここは譲れない!」という部分が一点でもあると強いということ。

ほっとけメソッドで釣るために、見た目のリアルさとユルいアクションを追求したC-moon。

C-moon

MOMONGAさんのC-moon

潜る時にカップに水を受け、アクションとフラッシング+音と泡で誘うABONI Miracle popper。

ABONI Miracle popper

KEN ABONIさんのABONI Miracle popper

エリアトラウトを釣る「漁具」として、色と質感だけでなく沈下速度にまでこだわったペレットタイム。

ペレットタイム

工房 スロータイムさんのペレットタイム

どれも、ビルダーさんそれぞれが設定したコンセプトが、はっきりとルアーに反映されています。

一方で、私の作るルアーはどうか。
正直なところ、アクションに関しては「動けばいいや」くらいにしか考えておらず、細かいチューニングは行っていません。

こだわっていることと言えば、カラーリングですかね。
引っ越しをして以来、エアブラシのような噴霧式の塗料が使えないので、転写シールを使ってカラーリングを行っています。
シールの性質上、貼るルアーの形に制約はありますが、模様のデザインは自由度が高いことがアドバンテージになります。

ということで、
今後はこの転写シールによるカラーリングを極めて、根掛かりしたら泣いて悲しむくらいの愛着の湧くデザインのルアーを作っていきたいと思います。
粘土ルアーのCowryをベースに、もう少しシールが貼りやすいようにフォルムを研究してみます。

粘土クランクCowry

粘土クランクCowry

他のビルダーさんたちを見習って、自分なりのコンセプトをしっかりと体現したルアーを作ってみたいですね。

もちろん、当サイトのコンセプトは、ずっと変わらず「手軽に始められるハンドメイドルアー」。
でも、入門の次のステップとして、自分なりのこだわりについても今後は追求してみます。
「ルアーメイキングラボ」というメニューをこのブログに追加しましたので、ここで研究の経過を書いていきますね。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/16 22:30時点)

パターンライブラリーに虫のイラストを追加

パターンライブラリーに素材を追加しました。

今回は虫のイラストを色々アップしています。

その中の一つ、アリのイラスト。
アリのイラスト

透明な転写シールに印刷してUVレジンに閉じ込めると、こんな風になります。
UVレジンに閉じ込めたアリのイラスト

アイディア次第で、色々面白いものが作れそうです。

他にもセミやミミズなどのイラストをアップしましたので、ご自由にお使いください。

KIYOHARA UVクラフトレジン液 55g UVR55G

新品価格
¥2,080から
(2015/6/14 21:49時点)

水圧転写というカラーリング技術が魅力的すぎる

Gigazineさんの記事で知ったのですが、水圧転写という印刷技術があるそうです。

タトゥーシールを使ってルアーに模様をつける方法は、これまでにも何度か紹介していますが、曲面に貼るとしわになってしまうのが課題です。

この水圧転写という技術は、水に浮かべた転写シートにプリントしたい物体を沈め、水圧により均等に貼りつけるというもの。
ある程度の凹凸があっても綺麗に転写できるようです。

自動車のパーツを木目調にしたりしているのは、この技術を用いているそうです。
そういったカスタマイズなどされる方には常識なのかもしれませんね。

そして「これって、まさにルアーメイキング向きの技術では?」と興奮して調べてみたのですが、値段が高い。

セルフでできるキットが売ってたりもしますが、数十万円もするんですよ。
当サイトで目指しているような「手軽にルアーメイキング」というコンセプトからはかけ離れてしまいます。

Gigazineさんの記事は、コンピューター制御により狙った位置に正確に水圧転写できる技術が開発された、という内容。
これまでの水圧転写は手作業で行うため、転写する位置までは細かく指定できなかったようです。
主に、3Dプリントした造形物に模様をつけるという用途を想定しているとのこと。

この水圧転写を行う様子がよくわかる動画がこちら。

これが一般化されれば、熟練した職人がエアブラシでルアーにカラーリングを行うという属人化している工程がもっと手軽になり、ルアー製作業界的にも大きな変革になるかもしれませんね。
カラーリングの幅も広がるし、インクジェットプリントなので有害な揮発物質も出さず環境にも良さそうです。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/11 20:40時点)

パターンの使い方を詳しく載せました

パターンライブラリーに掲載しているパターンファイルの使い方を詳しく解説したページを作成しました。
テクスチャの使い方1—図形をルアーの形に編集する
テクスチャの使い方2—模様を敷きつめる

パターンライブラリーのファイルを活用する
イラストレーターなどの描画ソフトが無くても、表計算ソフトのExcel(エクセル)の図形機能で描いたルアーのイラストにパターンファイルを読み込んで、ルアーの大きさや形にぴったりの転写シール用データを作れます。

エクセルだけでなく、ワードやパワーポイントでも同じやり方で作れます。
使い慣れたソフトで挑戦してみてください。

自作ルアーの形にぴったりの転写シールが作れます。
転写シールにプリントしたパターン

ルアーに貼りつけてコーティングすれば、この通り。
転写シールを貼りつけたルアー

パソコンソフトを使い慣れていない方には少しわかりづらいかもしれません。
ご不明な点はコメント欄に記入していただければ、随時ページをアップデートしますので、お気軽にお問い合わせください!

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥829から
(2015/6/11 20:40時点)

粘土ミノー(カラフル水玉Ver.)

レッド、オレンジ、イエロー、グリーン。

黒地にカラフルな水玉を散らしてみました。
カラフルな水玉ミノー

プリンターの設定をミスったようで、薄い色のインクが少しにじんだようになってしまいました。
カラフルな水玉

アルミは、模様をつけるとしっくりこなかったため、あえて無地に。
アルミは無地に

ほっぺたのピンクのスポットは、転写シールにプリントしたものを貼りました。
コーティングを重ねると、シールの境目は見えなくなります。
ピンクのスポットは転写シールで

このミノーはローリングアクションなので、背中の模様と体側のアルミの輝きとのコントラストでアピール効果があるのでは、と思っていますが、どうでしょうか。

水玉のテクスチャはパターンライブラリーに追加済みですので、ご自由にお使いください。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)

こいのぼりミノーを作ってみた

こどもの日が近いということで、こいのぼりを模したミノーを作ってみました。
模様はパターンライブラリーのこいのぼりパターンを使用し、転写シールに印刷して貼りつけました。

こいのぼりミノー
ベースにした四角いミノーの形状が、こいのぼりの形にマッチしていていい感じです。

プリントしたシールが少し小さくて、背中と側面の間に隙間ができてしまいましたが、綺麗にできた方だと思います。
こいのぼりミノー(黒)

ウエイトの重さやバランスは前回作った粘土ミノーと同じなので、水中でサスペンドします。

エアブラシでは表現できない微細な模様を表現できるのが転写シールの利点。
転写シールを貼ったこいのぼりパターン
顔の模様はエクセルのオートシェイプを使って描きました。
描き方は改めて紹介しますね。

シールを貼るのにもだんだん慣れてきたので、今後はもっと色々なパターンに挑戦してみます。

しかし、どんなに綺麗に作ったところで、肝心の「魚を釣る」ということが出来なければ、ただの魚のおもちゃですね。
近々、スイムテストに行けそうなので、これまで作った粘土ミノーとまとめてテストし、あわよくば何か釣ってやろうと思っています。

ELECOM タトゥーシール A4サイズ クリア 2枚入り EJP-TATA4

新品価格
¥640から
(2015/5/2 20:15時点)