ハワイの鳥たち

久しぶりの更新です。
4泊6日でハワイのオアフ島に行ってきました。

ルアーメイキングに関する何かが見つかればいいと思ったのですが、ツアーのスケジュールが詰まっていて釣りもできませんでした。
それでも、せっかくなのでハワイについての色々を書き残しておこうと思います。

アラモアナパークの夕陽

テーマ別に何回かに分けて紹介します。

さて、ハワイについてまず思ったのが、「鳥が多い」ということ。
空港、公園、街中、建物の中まで、どこにでもいます。

中でも多かったのがこの鳥。
Dove
Zebra Dove(チョウショウバト)という鳩の仲間です。

日本で見かけるドバトよりも小さく、ヒヨドリ位の大きさしかありません。
見かけた鳥の中では一番度胸があり、満員のレストランのテーブルの下を歩き回り、パンくずなどをついばんでいました。

普通サイズの鳩も多く見かけました。
ハワイの鳩
こちらも人を恐れず、「DFS Tギャラリア」の前では、植え込みで日向ぼっこをしている姿が見られました。

こちらはスズメの仲間。
ハワイのスズメ
日本のスズメとよく似ていますが、頭のてっぺんがグレーで、ほっぺたのホクロがありません。
ダイヤモンドヘッド近くの「マーケット&グリル」では、軒先に集団でとまり、人が食べ物を落とすのを待ち構えていました。
待ち構えるスズメ
臆病な性格で、手の届く範囲には絶対に近寄らず、お客さんが食べ終わって立ち去ると一斉に舞い降りてきます。

他にも多くの鳥を見かけました。

くちばしと足が黄色いムクドリの仲間、Myna(インドハッカ)
インドハッカ

バナナやパイナップルでおなじみの「Dole PLANTATION」では、野生化したニワトリが多数見られました。
Dole
我が物顔で歩いている割に、近づくと猛スピードで逃げてしまいます。
ハワイのニワトリ

写真は取れませんでしたが、鮮やかな赤い頭のBrazilian Cardinal(コウカンチョウの仲間)も見ることができました。
写真はダイヤモンドヘッドにあった案内板です。
ブラジリアンカーディナル

現地のガイドさんによれば、ハワイにはカラスやタカなどの猛禽類がいないため、小鳥たちが安心して過ごせる環境があるとのことです。
そういえば、猫も見かけませんでした。

どこへ行っても鳥を見ることができるので、鳥好きの方にとってもハワイは楽しめる場所だと思います。
現地のコンビニ「ABC Stores」では鳥の図鑑が手に入りますので、それを片手に観光するのもいいかもしれませんね。