2.デザイン、ボディ成形

ルアーの型紙を作る

紙に起こしたデザイン案を厚紙に貼り、ルアーの形に切り抜いて型紙を作ります。
木材に型紙を当て、周囲をボールペンでなぞり、シルエットを転写します。

型紙でルアーのシルエットを写し取る

型紙でルアーのシルエットを写し取る

仮止め

ルアーのシルエットを描いた木材をもう一枚の木材を木工用ボンドで仮止めします。
削って成形したら一度はがすので、ボンドは木材の両端5ミリくらいの幅で塗ります。
塗り過ぎると仮止めが取れなくなってしまうので注意しましょう。

木工用ボンドで仮止め

木工用ボンドで仮止め

スポンサーリンク

削って成形

木材を削り、ボディを成形します。
頭と尻尾に向かって真ん中からテーパーがかかるように削ります。
このルアーにはウエイトを入れないので、ボディの断面が逆三角形になるように削り、バランスをとれるようにします。
大まかにカッターで削ったら、サンドペーパーで滑らかに仕上げます。
サンディングまで終わったら、2枚のボディの間にカッターの刃を差し込み、仮止めを取ってボディを割ります。

サンディングを終えたボディ

サンディングを終えたボディ

フレームを作る

ステンレス針金でルアーのラインアイとフックアイになるフレームを作ります。
U字型に曲げた針金を釘にかけて、根元をペンチで締めれば、丸いアイが作れます。
それぞれのアイが所定の位置から出るように、ボディの形状に合わせて針金を曲げます。

釘とペンチを使って丸いアイを作る

釘とペンチを使って丸いアイを作る

ボディに合わせて針金を曲げる

ボディに合わせて針金を曲げる

ボディに組み込む

作ったフレームの片側に、蛍光マーカーで色を塗ります。
それを開いたボディの内側に当て、フレームの形を転写します。
その線をなぞるように、彫刻刀でフレームを埋め込む溝を彫ります。
反対側のボディも同じようにします。

フレームに蛍光マーカーで色を付ける

フレームに蛍光マーカーで色を付ける

ボディにフレームの形を転写する

ボディにフレームの形を転写する

彫刻刀でフレームを埋め込む溝を彫る

彫刻刀でフレームを埋め込む溝を彫る

ボディを貼り合わせる

溝を彫ったら、フレームをボディに組込み、木工用ボンドで貼り合わせます。
輪ゴムで縛って30分ほど置けば固まります。

木工用ボンドでボディを貼り合わせる

木工用ボンドでボディを貼り合わせる

目玉の位置を決める

目玉を取り付ける場所に、書類用パンチで切り抜いたシールを貼ります。
(今回はラベル用のシールを使っていますが、アルミテープやホログラムシールなど、なんでもかまいません)
シールの円周をなぞるようにして彫刻刀で丸くくりぬき、目玉を取り付けるくぼみを作ります。

シールを貼って目玉の位置を決める

シールを貼って目玉の位置を決める

目玉を入れるくぼみを作る

目玉を入れるくぼみを作る

> NEXT 3.カラーリング?アルミ貼り

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク