ルアーの型取り、切り出し step3

型紙を作る

まずは、step1で描いたイメージ画を元に、型紙を作ります。型紙におこしておけば、後で同じものをたくさん作ることが出来ます。ボディの形の他にも、ウエイトやラインアイの位置も書き込んでおくと便利です。

型紙は厚紙でも作れますが、薄いプラスチックで作れば耐久性に優れ長持ちします。今回は、瞬間接着剤のパッケージの厚紙が分厚くて丈夫そうだったので、それを使って作ってみました。

ルアーのボディ全体のものができたら、これをもとに顔の部分も別の型紙を作っておきます。後のチャートで、アルミテープを貼る際に必要になります。
ルアーの型紙

ルアーの型紙

スポンサーリンク

バルサ材に型を描く

型紙が出来たら、バルサ材に描いてみましょう。描くものは普通のボールペンでOKです。
このときに気をつけるのは、木目に沿って縦に並んだ二つを貼り合せるようにすること。
木材は場所によって密度が違うので、離れた場所の部分を貼り合せてしまうと浮力のバランスが悪くなることがあります。切り出した後でも分かるように、対になるものに同じ記号や番号を振っておきましょう。私はABCを振ってみました。
ウエイトとラインアイの位置もこのときに描いておきます。
ボディパーツに記号を付けます。

ボディパーツに記号を付けます。

カッターで切り出し

線を描いたら、カッターナイフで切り出します。バルサ材は柔らかいので、厚さ5mm程度のものまでなら難なく切れます。とはいえ、木目にそって裂けやすいので、注意しながら行ないます。
はじめに線に沿って浅く刃を入れ、その場所を何度も軽くなぞれば綺麗に切れます。
一つ一つ切り離してから線にそって切る方がやりやすいです。
パーツの一つ一つを分離してから、形を切り抜きます。カッターの刃は「少しずつ何度も」を心がけましょう。

パーツの一つ一つを分離してから、形を切り抜きます。カッターの刃は「少しずつ何度も」を心がけましょう。

> NEXT step4 ルアーのフレーム作成、組み立てう

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク