step5 ルアーの削り出し

組み立てたら削り始めます

フレームとウエイトを組み込んだルアー。
いよいよ様になってきましたが、このままでは魚っぽくないですよね。
立体的に削り、形成していきます。
カッターナイフを使って削るので、けがには十分注意しましょう。

コツは“あせらずにやること”。
まずは、全体の角を落とします。次に、このときに出来た角を同じよう削ります。

ルアー組み立て

ルアーを組み立てる

カッターナイフで少しずつ削ります。

カッターナイフで少しずつ削ります。

まずはボディの縦の輪郭を形成します。

まずはボディの縦の輪郭を形成します。

角を落として、ボディに丸みを出していきます。

角を落として、ボディに丸みを出していきます。

このようのなれば、カッターでの荒削りは完了です。

このようのなれば、カッターでの荒削りは完了です。

スポンサーリンク

仕上げのサンドペーパー

上の写真くらいまで削れたら、#150から#180くらいの中目のサンドペーパーで全体を荒削りします。
この時、あまり強くこすりすぎないようにしましょう。バルサ材は柔らかいので、強い力を入れると削りすぎてしまいます。
全体が丸みを帯びたら、#200以上の目の細かいサンドペーパーでスベスベになるまで研きます。

写真のようになればOK。削り作業は終了です。
まだ色が付いていませんが、完成形が見えてきましたね。

サンディングが終わったボディ

サンディングが終わったボディ

削り方のイメージ

カッターでの荒削り→サンドペーパーの流れを簡単に示すと、画像のようになります。
大まかに角を落とし、その角をサンドペーパーでさらに削ります。
ルアーの腹側を大目に削り、逆三角形になるように形成します。

削り方イメージ
> NEXT step6 下地コーティング、アルミ貼り

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク