トップページ > ルアーの作り方 > 軽量粘土で作る食パン型ポッパー

軽量粘土で作る食パン型ポッパー

フェイクフードの作り方を参考にしてみた

ハンドメイドルアーに役立てることができるかとフェイクフードやスイーツデコのブログや本を読んでいたところ、良さそうなテクニックがあったので、真似してみたくなりました。
パンで寄せたコイを釣るパンプカと呼ばれる釣法があるそうですが、これに使える食パンを模したルアーを作ります。
「コ式」という専用のルアー(?)がありますが、これはトレーラーを付けることが前提になっているようなので、ルアーのみで釣れるよう、食パンそっくりなルアー作りに挑戦します。
ポッパータイプにして、音とビジュアルで誘えるよう設計しました。
基本的な作り方は、軽量粘土でルアーを作るに詳しく書いていますので、そちらも合わせてご覧ください。
軽量粘土で作った食パンポッパー

軽量粘土で作った食パンポッパー

本物の食パンをモデルに作成

製作にあたって、食パンを引っ張り出してきてよく観察してみました。
ちょうど耳の角の部分がルアーのデザインに活かせそうなので、ここを参考にします。
参考にした食パンの耳の部分です。この角の部分を粘土で再現します。

参考にした食パンの耳の部分です。この角の部分を粘土で再現します。

材料・道具をそろえる

使う道具と材料は以下の通りです。

【道具】
  • 切り出しナイフ
  • プライヤー
  • ポンチ
【材料】
  • 軽量粘土
  • おゆまる
  • 水彩絵の具
  • ステンレス針金(太さ0.9ミリ)
  • 中通しオモリ(丸型0.2号)
  • 目玉シール
  • 木材
  • ネームシール
食パンルアー作りに使う材料※ペレットルアーに使うものと同じです。

食パンルアー作りに使う材料※ペレットルアーに使うものと同じです。

スポンサーリンク

おゆまるで食パン型の型を作る

フリーハンドでもいいのですが、あとで同じものを簡単に作れるよう、少し面倒ですがアガチス材でマスターボディを作り、おゆまるで型を作ります。
ペレットルアーやクランクベイトと作り方は同じなので、ここでは省略します。
詳しくは下記をご覧ください。
軽量粘土で作るペレットルアー
粘土を使ってルアーを作る 3.「おゆまる」で型をとる
おゆまるで作った食パンルアーの型

おゆまるで作った食パンルアーの型

フレームを作る

ラインアイ、フックアイを成形し、ウエイトを組込み、フレームを作ります。
写真のように、板と釘でフレーム用のテンプレートを作っておくと便利です。
食パンルアーのフレーム

食パンルアーのフレーム

食パンルアーのフレームテンプレート

食パンルアーのフレームテンプレート

粘土にフレームを組み込んで型取り

おゆまるで作った型に粘土を詰め、フレームを組み込んでルアーの形に成形します。
四角い形をしているので、角の部分が型にくっついてしまいやすいので、粘土を詰める前の型にしっかりとサラダ油を塗っておきます。
そっと型から取り出したら、2日間かけて乾燥させます。
十分な乾燥時間を設けないと、コーティングしたあとでボディがぶよぶよになって悲惨です。
ここは我慢して、フレームなどのパーツを作ったり、他のルアーを製作する時間に当てましょう。
しっかり乾燥させたら、サンディングして形を整えます。
型に粘土を詰め、フレームを組み込む

型に粘土を詰め、フレームを組み込む

そっと型から取り出す

そっと型から取り出す

2日間かけて乾燥させる

2日間かけて乾燥させる

水彩絵の具で色付け

パンの耳の焼き色は、水彩絵の具で色付けします。
茶色と黄土色の絵の具を2:1の割合で混ぜ、濡らして軽く絞ったスポンジに含ませます。
ルアーの背の部分に、軽く叩くようにして塗っていきます。
適度にムラがある方がよりリアルに仕上がります。
茶色と黄土色の水彩絵の具を2:1の割合で混ぜ、濡らして軽く絞ったスポンジに含ませる

茶色と黄土色の水彩絵の具を2:1の割合で混ぜ、濡らして軽く絞ったスポンジに含ませる

ポンポンとはたくようにして色を乗せる

ポンポンとはたくようにして色を乗せる

目玉用の穴を開ける

食パンに目玉は無いですが、あった方がルアーとして愛着が持てるので、取り付けることにしました。
目玉を取り付ける場所にポンチで穴を開け、ナイフでくりぬきます。
目玉の取り付け位置に穴を開ける

目玉の取り付け位置に穴を開ける

コーティングして目玉を取り付けたら完成

絵の具がしっかり乾いたら、セルロースセメントでコーティングします。
粘土は強度が無いので、最低でも20回はコーティングを施します。
コーティングすることで表面がツルツルになり、食パンの質感からは離れてしまいますが、水中での見え方は食パンそのものです。
コーティングし目玉を取り付けて完成<

コーティングし目玉を取り付けて完成<

コイに使うにはやっぱり強度が心配

というわけで、コイ釣りを想定した食パン型ルアーを作ったわけですが、よく考えたら強度が心配ですね。
実釣してみなければ何とも言えませんが、ボディがやわらかめなため、フレームが伸ばされてしまいそうな気がします。
フレームは一直線にし、スレッドで補強すれば何とかなるかもしれませんが、大きなコイには対応できないでしょう。
中途半端なものを作ってしまいました…。
普通のポッパーとして、管釣りトラウトやブルーギルなど、ライトな釣りで使うのが無難かもしれませんね。

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク