2.デザイン、マスター作成

デザインを決める

どんなルアーを作りたいのか、はじめにデザインを考えます。
紙に書いたり、ウッドを削ったり、イメージを起こします。
粘土で実際に形を作ってみると、よりイメージが膨らみます。
私の場合、機能性よりも「こんなルアーを使いたい」と思えるような親しみやすさを重視してデザインしています。

デザインを試行錯誤した残骸

デザインを試行錯誤した残骸

ウッドを削る

作る形が決まったら、今度は型の基となるマスターボディを作ります。
作り方は、バルサやウッドでルアーを作る場合と基本は同じです。
ウッドを2枚、両面テープで仮止めします。後ではがしやすいよう、ボディの端の部分のみに貼るようにします。
今回作るルアーは幅が約15ミリなので、8ミリの厚さのアガチス材を貼り合わせました。
貼り合わせたウッドにルアーの輪郭線を描きます。

ウッドを貼り合わせ、ルアーの輪郭線を描きます

ウッドを貼り合わせ、ルアーの輪郭線を描きます

描いた線通りにウッドを削り、まずは横から見たルアーの輪郭を形成します。
次にルアーの上から見た輪郭を形成します。左右対称になるよう気を付けてください。
輪郭ができたら、角を落としていきます。今回作るルアーは、腹側は扁平で、背中側が丸みを帯びるという変わった形になるので、腹側はあまり削りません。
大まかに角を落としたら、さらにその角を落とし、ボディを滑らかにしていきます。
ある程度綺麗になったらサンドペーパーでサンディングし、ツルツルに仕上げます。

粘土で作ったデザインイメージをもとにウッドを削る

粘土で作ったデザインイメージをもとにウッドを削る

サンディングし仕上げる

サンディングし仕上げる

スポンサーリンク

仮止めを取る

両面テープで仮止めしてあった部分をカッターナイフで割ります。
二つに分かれた片方を、別のウッド板に両面テープで仮止めします。

これで、型をとるためのマスターの準備が完了しました。

ウッド板に片方のマスターボディを貼りつける

ウッド板に片方のマスターボディを貼りつける

> NEXT 3.「おゆまる」で型をとる

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク