トップページ > ルアーの作り方 > ペレット型ルアーを作る > 1.材料・道具をそろえる、おゆまるで型を作る

1.材料・道具をそろえる、おゆまるで型を作る

粘土で作ったペレットルアー

スレた管理釣り場での切り札「ペレットルアー」。
トラウトが普段エサとして与えられているペレット状の人工飼料をイミテートしたものです。
一般的に円筒状で色は茶色かモスグリーンの色合いです。
今回は粘土を材料に、リップレスタイプのものを作ってみました。

粘土で作ったペレットルアー

粘土で作ったペレットルアー

材料・道具をそろえる

まずは材料と道具をそろえます。
基本的には粘土ルアーの作り方 材料・道具をそろえると同じです。
今回は粘土に色を付けるので、水彩絵の具を追加します。
リップレスにするので、ポリカーボネート板は必要ありません。

ペレットルアーを作るための材料

ペレットルアーを作るための材料

おゆまるで型を作る

ペレットルアーを量産するためのマスターボディをアガチス材を削って作ります。
形は円筒形で、ヘッド部は水を受けてアクションするように斜めに切り落としたような形状にします。

アガチス材で作ったマスターボディ(原型)

アガチス材で作ったマスターボディ(原型)

半分に割ったマスターボディを別のアガチスの板に貼ります。
こうすることで、左右の型が真ん中で割れるようになるため、ウエイトやアイの位置を綺麗にセンターに持ってくることができます。
アガチス板に張ったマスターボディにおゆまるを押し付けて型を取ります。
作った型に左右を貼り合わせたマスターボディを入れ、再度おゆまるを押し付け、もう片側の型を取ります。
この部分について詳しくは、粘土でルアーを作る3.「おゆまる」で型をとるにも載せているので、合わせてご覧ください。

半分に割ったマスターボディをアガチス板に貼る

半分に割ったマスターボディをアガチス板に貼る

おゆまるを押し付けて型を取る

おゆまるを押し付けて型を取る

もう片方の型を取ります

もう片方の型を取ります

これでペレットルアーの型の出来上がりです

これでペレットルアーの型の出来上がりです

> NEXT 2.フレームを組込みボディを形成する

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク