トップページ > 応用編 > セルロースセメントの色止めに効果的 木工用ボンド

セルロースセメントの色止めに効果的 木工用ボンド

せっかくのカラーリングが台無しに…

せっかく綺麗にカラーリングしても、セルロースセメントにドブ漬けしたとたんに塗装が流れてしまう。
ルアー作りをしていると、誰もが一度は経験することだと思います。
セルロースセメントは、ドブ漬けをするたびに下地のコーティングを少し溶かします。カラーリングをした後のコーティングの際には、間に挟まれた塗料の膜も一緒に溶かし、重力に従って下へ流れるという現象が起きてしまうようです。

これを防ぐ手立ては人それぞれに色々あって、私の場合はクリアラッカースプレーを薄く塗り重ねるという方法をとっていました。重力で流れない程度の薄いコーティングを何度も繰り返し、セルロースセメントにドブ漬けした時に内側のカラーリングの層まで溶かさないようにするためです。
しかし、この方法は、時間がかかることが難点でした。また、塗料によってはまったく効果が無いものもあります。
色が流れてしまったルアー

ニトロセルロースに溶かされない木工用ボンド

色流れを防ぐには、セルロースセメントに溶かされない物質で塗装面を覆うのが一番効果があります。
そこで、溶剤が「水」の木工用ボンドを試してみることにしました。
木工用ボンドを塗ります
ボンドを塗ったボディ

スポンサーリンク

木工用ボンドを薄く塗るだけ

やり方はシンプル。カラーリングが終わったルアー全体に木工用ボンドを薄く隙間なく塗り、完全に乾くまで半日置いておく。これだけです。
乾く前の木工用ボンドは白い色をしていますが、乾くと透明になります。
この上から、通常通りセルロースセメントでコーティングするだけ。
ちょっとくすんだ感じにはなりますが、グラデーションは無事守られます。
塗りすぎると、ボンドごと流れてしまうので注意です。

ただし、何度かやってみて今のところはうまくいっていますが、強度的なことなど、今後何かしらの問題が出るかもしれません。
ウレタン塗料を使うなど、手間やお金をかければもっとうまくできるやり方もあります。
このサイトテーマのひとつは「手軽にできる」なので、あえて木工用ボンドをつかうやり方を紹介していることをご理解いただければと思います。
木工用ボンドで色止めしたルアー

ボンドでの色止めのその後

木工ボンドで色止めをしたルアーのコーティングの強度はどうなのか。

これまで実際にフィールドで使ってみた感想は、「特に問題なし」です。
岩やテトラポッドにぶつけること多数(キャスティングが下手なので…)、沖縄でオニカマスの鋭い歯に噛まれること数回、コーティングは剥げることはありませんでした。

ルアーの素材がアガチス材で強度が高いことも影響していると思いますが、ボンドでの色止めでも実用には支障がない程度の仕上がりになるようです。
まだまだサンプル数が少ないので、今後も何度も試して検証してみたいと思います。
木工用ボンドで色止めしたルアー

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク