トップページ > 応用編 > 自作ルアーにアルミ以外も貼ってみよう

自作ルアーにアルミ以外も貼ってみよう

好きな柄のルアーを作ってみよう

アルミ貼りの技術を応用して、アルミテープ以外のものも貼ってみましょう。
市販品ではなかなか見られない柄のルアーを作れます。
花柄のテープを貼ったルアー

身近にあるものを貼ってみる

ここで紹介するのは100円ショップで見つけた花柄の布テープ。
他にも、千代紙やキャラクターシールなど、貼って楽しそうなものは色々ありそうです。
身近にあるものを貼ってみましょう。
100円ショップで見つけた花柄テープ

アルミテープの貼り方を応用する

貼り方といっても、やることは単純です。
アルミテープを貼る時と同じように、型をとったテープを切り、下地コーティングを施したルアーのボディに貼り付けます。
型を使ってテープを切り抜く
この布テープは思いのほか厚みがあり、ボディになじませるのに少し手間取りました。
ふちの部分がボディからはがれてしまうので、瞬間接着剤を垂らして固めます。
ボディになじませます

スポンサーリンク

コーティングとサンディングを繰り返す

テープを貼ったらコーティング。5回程度ドブ漬けしたら、テープとボディの境目をサンドペーパーで磨き、段差を目立たなくします。1回では綺麗にならないので、ある程度磨いたら2回程コーティングしてまた磨きます。
サンドペーパーで磨く

カラーリングして仕上げ

テープの境目が分からなくなったら、カラーリングします。
今回はテープのカラーに合わせ、花柄のものには赤、水玉のものには白を使いました。

仕上げに5回ほどコーティングして目玉を付けたら完成です。
アルミを貼ったものとは全然違う雰囲気のルアーが出来上がりました。
カラーリングして仕上げ

千代紙、シールなど、いろいろ貼ってみた

100円ショップや雑貨店へ行けば、いろいろな素材が見つかります。
中でも千代紙は、貼るのがとても簡単でおすすめです。下地コーティングをしたルアーに木工用ボンドを使って貼っています。
目玉はルアー用のアイではなく、雑貨店で手に入れたシールです。無機質な雰囲気が、千代紙の生き物っぽくない模様と相性ぴったりです。
千代紙を貼ったルアー
音符型シールを貼ったルアー

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク