2.削って形成、ヒートン取り付け

大まかなボディの形を作ります

ここでは、バルサ材でルアーを作る時のように型を取ることはしません。
型通りに作らなければという義務感のようなものが生まれてしまいますからね。
少しでもうまくいかなくて、投げ出してしまうことが私にもありました。
そこで、あえてフリーハンドで削ってしまいます。後で同じものが作りたければ、作ったルアーから型をおこすこともできます。

さて、まずはアガチス剤をノコギリでカットしましょう。

アガチス材を削りやすい大きさにカット

バルサに比べてアガチス材は堅いので、カットするにはノコギリが必須です。
ここだけ少し大変ですが、頑張りましょう。いくつもカットしておくと、後で楽ですよ。

フリーハンドでガシガシ削ります

フリーハンドでガシガシ削ります

切り出しナイフで木材を形成

型どおりにしなくていいので、何も気にせずガシガシ削ってしまいましょう。
どんなに頭の中でイメージしても、実際に手を動かしてみないとわからないこともあります。

ヒートン、アイ、フック、スプリットリング

ヒートン、アイ、フック、スプリットリング

ボディバランスにだけは気を付けて

ガシガシ削ってかまわないのですが、ここだけは気をつけたい、というポイントがあります。
それはボディバランス。
左右対称にしたいのなら、削る前の木材に中心線を書いておきましょう。
それから、ウエイトを入れないので、削り方を間違えると斜めに浮いてしまったりします。
私も経験済みです→失敗の実例

大まかに削ったボディ

大まかに削ったボディ

ルアーの腹側の浮力を少なくするために、背中よりも厚みを減らすように削るのがコツです。
正面から見たときに逆三角形になっているのが理想です。

ボディは逆三角形になるように削ります

ボディは逆三角形になるように削ります

サンドペーパーは念入りに

大まかに削ったらサンドペーパーをかけます。
まずは目の粗いもので削り、次に目の細かいものでツルツルに仕上げます。
木目むき出しの仕上がりになるので、ここは丁寧に念入りにツルツルにしておきましょう。

サンドペーパーをかける

サンドペーパーをかける

> NEXT 3.コーティング、リップをつけて完成

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク