粘土ミノー乾燥中(一日目)色付き粘土でも作ってみました

昨日成形した粘土ミノーを乾燥中です。
一日経過しましたが、これくらいになると、手でつかんでも全然問題ないくらいに固まります。

でも、完全に水分は抜けていないので、コーティングするとぶよぶよになってしまうはずです。
あと一日待ちましょう。

今回は黄色と黒の色付き粘土でも作ってみました。
色付き粘土ミノー

明後日の朝からコーティングできるかな?

それまでに転写シールのパターン素材を作るつもりです。

軽量粘土は理想の素材かも

粘土を使ったルアー作りが、当サイトのコンセプトワークになりつつあります。

食パンルアー

より多くの人にルアーメイキングを手軽に楽しんでほしい、ということを常々思っておりますが、軽量粘土はそれを実現する理想的な素材なのです。

まず第一に、どこでも手に入る。
手芸店やおもちゃ売り場、100円ショップまで、取り扱っている店舗が多いです。

第二に、加工がしやすい。
柔らかく、おゆまるで作った型にもなじみやすいため、同じ形のボディをいくつも作り出せます。

三つめは、バルサ並に高い浮力。
ちゃんと測ったことはないのですが、軽量粘土は非常に軽く、バルサ並にキビキビとした動きのルアーを作ることができます。

と、いいことだらけを並べましたが、もちろんデメリットもあります。

完全に水分が抜けるまでに2日間はかかるため、待ちの時間が長い。
素材がやわらかすぎて、組み込んだフレームやウエイトがずれやすい。
なによりも、しっかり防水しないと水に溶ける(!)→耐水性のものもあるようです。

まだまだ課題もありますが、手軽にルアー作りができる素材として、今後も試行錯誤をしてみたいと思います。

これまでに私が作った粘土ルアーについては、下記の記事を参考にしてみてください。

軽量粘土でルアーを作る
軽量粘土で作るペレットルアー
食パンポッパー

ブログをリニューアルしました。新しいルアーも製作中

こんにちは。
この度、ブログをseesaaブログから移転しました。
過去の記事も引き継いでいます。
ブックマークなどされていた方は、お手数ですが再登録をお願いいたします。

さて、今は粘土でミノーを作っているところです。
おゆまるで型を取り、プロトタイプのボディを乾かしています。
粘土ミノーの型取り

今回はアルミを貼って、転写シールでも模様を付けてみようと思っています。

うまくいったら、またアップしますね。

軽量粘土でルアー作り

いろいろ落ち着いてきたのでルアー作りを再開しました。
最近力を入れているのが、軽量粘土によるルアー製作。
おゆまるで量産.jpg
ダイソーで手に入れた「ふわっと軽いねんど」を使っています。
ふわっと軽いねんど.jpg
紙粘土よりも浮力が高く、乾燥も早いです。
軽くて柔らかく、乾くとバルサか発泡スチロールのような硬さに固まります。
強度的に少し心配ではありますが、フレームとコーティングを強化すれば使い物になりそうです。
粘土は手でこねて形成してもいいのですが、プラスチック粘土「おゆまる」で
型をとれば、同じルアーを量産することもできます。
おゆまる.jpg
最初のマスターはウッド等で作ります。
マスター.jpg
詳しい作り方は、改めて「ルアーメイキングのススメ」で紹介しますね。

簡単リアルミノー製作 途中経過

簡単に作れるリアルミノー製作の途中経過。
簡単リアルミノー.jpg
だいぶ端折っちゃいましたが、もう目入れまで行い、コーティング待ちという状態になっております。
全長4.5センチ。
厚さ5ミリのアガチス材を使っているので、かなりスリムなルアーになります。
風が強いと全然飛ばなそうだ・・・。
アルミテープ1枚で貼れるようにしたので、お腹側に継ぎ目がありません。
簡単リアルミノー2.jpg
これならカラーリングしなくても綺麗に仕上がるでしょう。
失敗の元はとことん排除です!
今回はやりませんでしたが、千代紙やカラーテープで模様を付けたものも作る予定です。
塗料に頼らないカラーリングを極めるのも、他との差別化になって良いじゃないですか。
作り方は、ルアーメイキングのススメにまとめますのでお待ちください。

簡単ルアー・・・それでもやっぱりアルミを貼りたい

ルアーメイキングのススメにアップしたどこまで簡単にルアーを作れるかですが、
やはりこれでは味気ないかなと思い、アルミを貼った簡単ルアーの作り方を模索しています。
アルミ貼り自体は難しいものではありませんが、テンプレートをちゃんと作ればより簡単にできるのかなと、デザインしています。
ルアーテンプレート.png
アルミテープは体の左右で分けずに、腹側でつながったままにするつもりです。
そのため、腹のシルエットは直線にしました。
お腹の塗装をしないでアルミの光沢を残すつもりです。
千代紙などはさんで模様をつけるのもいいかもしれませんね。
さっそく製作にとりかかるので楽しみにしていてください。

シンプルルアー完成

今週は激務で、家と会社を往復するだけの日々でした。
やっとルアー製作の続きができます。
さて、先週末に作成したルアーの浮き姿勢を確認してみました。
シンプルルアー3.jpg
ノーウエイトですが、バランスよく浮かびます。
風呂場で泳がせてみると、早く引いたときにバランスを崩しやすいところはありましたが、スローではクネクネといい感じにウォブリングします。
水面に引き波を立てて泳がせるのがいいかもしれません。
削り出しからコーティング、リップの取り付けまで1日で作ったルアーです。
ちゃんと泳ぎそうなので、ひとまずは安心。
あとは実際に魚が釣れれば完璧ですね。
シンプルルアー2.jpg
いかに簡単にルアーを作ってしまえるのか、今後も追求してみたいと思っています。
この工程は、改めてルアーメイキングのススメで紹介します。

シンプルルアーのコーティングが完了

今日の午前中に削ったルアーのコーティングが完了しました。
シンプルルアー.jpg
丈夫なアガチス材で作ったのと、カラーリングをしなかったので、コーティング回数は10回だけにしました。
フリーハンドで削り、ウエイトは入れず、カラーリングも無し。
唯一の装飾は、ティアドロップ型のリアルアイのみです。
アガチス材は木目がきれいなので、まさに「ウッドクラフト」という感じの風情に仕上がりましたね。
まだ完全に硬化していないので、水に入れるのはまた今度にします。
ちゃんと泳ぐか心配だ…。

「シンプルに、簡単に、短時間で」ルアー作りに挑戦中

大雪が降って家の周りにもまだ雪が残っています。
こんな日には外に出たくないので、家でルアー作りにとりかかりました。
以前に書いたように、どれだけ「シンプルに、簡単に、短時間で」作れるかにこだわってみます。
それはこんな感じ↓
シンプル.jpg
型紙を作らずにフリーハンドで削りました。
ヤスリがけも合わせて20分くらいでできましたよ。
アルミも貼らないしカラーリングもしないので、アイも貼っちゃいました。
今はコーティング中です。
たぶん、今日中には完成できるんじゃないかな…。
この作成の様子は、まとめて「ルアーメイキングのススメ」にレポートをアップしますね。