トップページ > ルアーの作り方 > バルサ材でルアーを作る > ルアーのフレーム作成、組み立て step4

step4 ルアーのフレーム作成、組み立て

ラインアイを作る

ルアーのラインアイになる部分を針金で作ります。
step3で描いた線に沿って、針金を曲げていきます。
アイになる部分はクギを軸にしてペンチでしめることで綺麗に作れます。

ラインアイの作成

針金を釘に当ててペンチで締めると、綺麗な丸になります。

ボディに合わせて形を確認します

ボディに合わせて形を確認します。

ラインアイ作りに便利な道具

同じルアーをたくさん作るのであれば、右の写真のようなツールを作っておくと便利です。
作り方と使い方は、応用編のルアーのフレームを効率的に作る方法に詳しく書いています。
同じルアーをたくさん作る時に便利なツール

同じルアーをたくさん作る時に便利なツール

スポンサーリンク

ボディの組み立て

フレームが出来たら、ボディに組み込んでいきます。
ボディにフレームを挟んで軽く押しつけると、バルサ材にフレームの跡が付きます。この後に沿って、角刃の彫刻刀で溝を彫ります。深すぎず浅すぎないように気をつけます。ウエイト部分は丸刃の彫刻刀で彫ります。
力を入れすぎると柔らかいバルサ材は簡単に貫通してしまうので注意が必要です。
左右が同じ深さになるように彫りましょう。

フレームをボディで挟んで押し付けると、バルサ材に針金の跡が付きます

フレームをボディで挟んで押し付けると、バルサ材に針金の跡が付きます。

付いた跡を目安にして彫刻刀で溝を彫ります。

付いた跡を目安にして彫刻刀で溝を彫ります。

溝が彫れたら木工用ボンドを塗って組み立てます。

溝が彫れたら木工用ボンドを塗って組み立てます。

ボンドが乾くまで輪ゴムで縛っておきます。あまり強く締め付けるとボディに輪ゴムの跡が付いてしまうので注意です。

ボンドが乾くまで輪ゴムで縛っておきます。あまり強く締め付けるとボディに輪ゴムの跡が付いてしまうので注意です。

フレームとウエイトの溝が彫れたら、ボディの片側に木工用ボンドを塗って貼り合せます。
ボンドが乾くまで、輪ゴムで縛って押さえておきます。
30分程度、充分に乾かします。

> NEXT step5 ルアーの削り出し

関連情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク